少女時代 ソヒョン、新ドラマ「私生活」で大胆な変身を予告…スチールカットで見せた多彩な衣装&髪型に注目

MYDAILY |

写真=ドレミエンターテインメント
少女時代のソヒョンが、大胆な変身を予告した。

JTBCの新水木ドラマ「私生活」は、プライベートを共有し、盗み、操作する時代に、詐欺師たちがあらゆる技術を総動員して国の巨大な“私生活”を暴く痛快なドラマだ。ソヒョンは、趣味は変装、特技は詐欺という詐欺師チャ・ジュウン役を演じる。本当のキャラクターを隠して私生活を操作し、“サブキャラクター”として生きていく詐欺師の生活を大胆に公開する予定だ。

詐欺師の父親チャ・ヒョンテ(パク・ソングン)と母親キム・ミスク(ソン・ソンミ)の遺伝子をそのまま譲り受けた、生まれながらの詐欺師ジュウン。完璧なビジュアルのおかげでどんな服も似合い、どんなキャラクターでもこなすことができる演技力、一度決心したら迷わずに進むブルドーザーのような推進力、さらに子供の頃から自然に見て学んできたさまざまな技術までが加わり、自由自在に騙すことができる詐欺師に成長した。

13日に公開されたスチールカットでも、それぞれ別の自我を持ち合わせたようなジュウンの、レベルの高い変装が目を引く。それぞれの設定に合わせた衣装、鬘型、メイク、そこに知性的な美しさ、セクシーさ、カリスマ性までが加わり、各キャラクターを完璧に表現している。スチールカットだけでも彼女がどんな“サブキャラクター”として生きているのか好奇心が高まる。

このように詐欺師として変身を重ね、毎日を生き抜いているジュウンを完璧に表現しているソヒョンによって、現場の雰囲気も熱くなったという。1日に何度も変わるスタイリングと、それに合う表情、行動の演技まで、多様な変化を与えるため、毎回新しいサブキャラクターを見る楽しさがあるという。

制作陣は「言葉通り、大胆な変身だ。ラブリーなイメージを持っているソヒョンが、図々しい詐欺師を演じている。皆が待っていた、または誰も想像することができなかった女優ソヒョンの変身の瞬間が見られる。限りのない魅力を持つソヒョンの、女優人生を代表するキャラクターの誕生を期待してもいいだろう」と自信を示した。

「私生活」は、「テバク」「愛の温度」を通じて繊細で力のある演出が好評を博したナム・ゴン監督と、「ハートレスシティ ~無情都市~」「美しい私の花嫁」などでファンを確保したユ・ソンヨル脚本家がタッグを組んだ作品だ。「私たち、恋してたのかな?」の後番組として、韓国で9月16日の午後9時30分に初放送される。

記者 : イ・スンギル