横浜流星、ヒョンビンの演技を参考に役作り!?「愛の不時着」「梨泰院クラス」に夢中に

TVREPORT |

写真=tvN
人気俳優の横浜流星が韓国ドラマへの愛情をアピールした。

横浜流星は、13日に放送された日本テレビ系列情報番組「スッキリ」に出演し、新型コロナウイルスの影響で外出を控えている間、韓国ドラマにハマったと伝えた。

横浜流星は「『梨泰院(イテウォン)クラス』『愛の不時着』を見た」とし、新作ドラマ「私たちはどうかしている」の役作りのために「愛の不時着」でヒョンビンが演じたリ・ジョンヒョクを参考にしたとも明かした。

ヒョンビンは同作で、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク役を務め、熱演した。

日本における韓国ドラマの人気は上昇中だ。動画コンテンツを配信するNetflixによると、今月4日の日本Netflixの総合ランキングで「サイコだけど大丈夫」が1位、「愛の不時着」が2位だった。「梨泰院クラス」も5位にランクインした。

「愛の不時着」に関するメディアの紹介も続き、複数の雑誌でもヒョンビンのこれまでの出演作について特集記事を報じている。

・韓国ドラマブーム再び!最新作から隠れた名作まで…今ネットで見たい実は面白い韓国ドラマ

・「愛の不時着」止まらないブーム!実は韓国ドラマのパロディの嵐…オマージュ作品を一挙解説

記者 : イ・ユニ