BTS(防弾少年団)、日本「MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~」トリプル・プラチナ認定…TWICEはプラチナ認定を獲得

KSTYLE |

写真=Big Hitエンターテインメント
BTS(防弾少年団)の日本4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~」がトリプル・プラチナ認定を獲得した。

発売した初週に56万4000枚を売り上げ、21日発表のオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。この初週売り上げ枚数は、東方神起の2010年のベストアルバム(41万3000枚)を抜いて海外男性アーティスト歴代1位を記録した」と伝えた。

このアルバムには今年6月に先行公開したタイトル曲「Stay Gold」を始め、メンバーのジョングクが作曲に参加した「Your eyes tell」、今年2月に発売した「MAP OF THE SOUL : 7」のタイトル曲「ON」の日本語バージョンなど計13曲が収録された。

写真=JYPエンターテインメント
また、TWICEの日本シングル「Fanfare」がプラチナ認定された。

「Fanfare」は、元気な歌詞とハツラツとしたメロディーが特徴であり、TWICEのポジティブなエネルギーが詰め込まれている。

これまで、2017年6月に発売した日本デビューベストアルバム「#TWICE」から10月の1stシングル「One More Time」、2018年2月の2ndシングル「Candy Pop」、5月の3rdシングル「Wake Me Up」、9月の1stフルアルバム「BDZ」、2019年3月の2ndベストアルバム「#TWICE2」、7月の4thシングル「HAPPY HAPPY」、5thシングル「Breakthrough」に続き、11月の2ndフルアルバム「&TWICE」まで9連続でプラチナを達成しており、今回で10連続のプラチナ獲得となった。

日本レコード協会から認定されるための最低累計正味出荷枚数は、それぞれトリプル・プラチナが750,000枚、プラチナが250,000枚だ。

記者 : Kstyle編集部