パク・ボゴム&パク・ソダム&ピョン・ウソク主演、新ドラマ「青春の記録」予告映像第4弾を公開…若者たちのエネルギーに高まる期待

Newsen |

青春のよどみない疾走が始まる。

9月7日に韓国で放送が始まるtvNの新月火ドラマ「青春の記録」(脚本:ハ・ミョンヒ、演出:アン・ギルホ)は、8月5日にパク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソクの様子が収められた予告映像第4弾を公開した。画面いっぱいの眩しい青春のシナジー(相乗効果)が視聴者たちの胸を躍らせた。

「青春の記録」は、現実の壁に絶望せずに夢と愛を叶えるために努力する青春の成長記録を描くドラマだ。夢見ることさえ贅沢になってしまったこの時代、それぞれの方法で夢に向かって直進する彼らの熱い記録が、ときめきと共感をプレゼントする。

現実の若者たちの姿を描くパク・ボゴム、パク・ソダム、ピョン・ウソクの出会いは、最高の観覧ポイントだ。爆発的な関心が寄せられる中、公開された予告映像第4弾では、絶えない苦難にも屈することなく若者たちの挑戦する姿が収められており、見る人々をドキドキさせる。

大変な1日を過ごしたサ・ヘジュン(パク・ボゴム)。思い通りにならない現実が憎く、自身を無視する相手に対して「どうしてこうなった? 僕がなにしたっていうの?」と立ち向かう。モデルとして活動しながらも、俳優の夢を実現させるために誰よりも情熱を燃やすサ・ヘジュン。周りからの反対や評価を受けつつも、ぶれることなく自身だけの道を歩むが、時には「現実を見ていない」という父親(パク・スヨン)の小言に、「お父さんが僕の人生を生きてくれるわけじゃないだろう」と、反抗をする。華やかなスポットライトを浴びるモデルではなく、普通の若者と変わらない彼の姿が“笑えるけど悲しい”共感を呼ぶ。

また、アン・ジョンハ(パク・ソダム)の現実もダイナミックである。「ずっと負けっぱなし」という言葉のように、自分を嫉妬する同僚の間で奮闘するが、諦めることはない。ビューティーバスキングや個人放送などを運営して、メイクアップアーティストという夢に向かって一歩一歩成長していくアン・ジョンハ。「私の目標は、アン・ジョンハというブランドを持つことよ」と意気込み、いつか叶う彼女の夢を応援することにする男性2人。同じ夢を見るサ・ヘジュンの親友で、“ヘジュン思い”のウォン・ヘヒョ(ピョン・ウソク)の登場も興味深い。「僕がいるだろう。ヘジュンのことは僕が責任を取る」というウォン・ヘヒョ。「歳を取ったら友達も変わるって。経済状況によって」というサ・ヘジュンの言葉に、「僕たちには当てはまらない」と言って笑いかける。このような2人のブロマンス(男同士の友情)にも期待が高まる。

自身たちが心から願って、楽しむことができる夢に向かって走って行く青春の力強いエネルギーは、見る人々までドキドキさせる。夢のために毎日最善を尽くす若者たちの輝く姿に「君も君が作らなければならない。面白いことは、ただではもらえない」というナレーションは、「人のために働くのではなく、自身のために働くんだということを信じている、僕は」という所信と共に、「ファイト」を誓うサ・ヘジュンの将来にも関心が高まる。何より、夢と現実の間で激しく悩み、輝く友情とときめく愛のワンページを描いていく、3人の若者たちの成長の記録が楽しみだ。韓国で9月7日午後9時に放送がスタートする。

記者 : イ・ミンジ