パク・ジニョン、新曲「When We Disco」MV予告映像を公開…切ない表情&2人の歌声に注目

OSEN |

写真=「When We Disco (Duet withソンミ)」MV予告映像キャプチャー
パク・ジニョンが新曲「When We Disco(Duet with 元Wonder Girls ソンミ)」のミュージックビデオに満足気な様子を見せた。

本日(6日)午前7時、公式SNSチャンネルを通じて新曲のミュージックビデオ予告映像が公開された中、「これまでのミュージックビデオの中で最も満足のいく結果」と評価を残した。

予告映像は、華やかで古風なバルコニーから誰かを恋しがるように夜空を見上げるソンミの姿から始まる。さらに、暗い裏通りの非常階段で切ない表情で歌うパク・ジニョンの姿は、ソンミと正反対な雰囲気を与える。

このシーンはパク・ジニョンが撮影当日に、その場で思い浮かんだアイデアで完成された。正反対な空間で暮らしているが、お互いを恋しがる気持ちだけは同じ2人を見せ、さらにドラマチックな雰囲気を演出したのだ。

彼は、事前企画の段階から積極的に参加したことに続き、撮影現場でも様々な意見を出し、完成度を高めた。また、今回の予告映像を通じて新曲の導入部も初めて公開され、注目を集めた。

「魔法のようだったWhen we disco when we disco / 忘れられない / 今もとても懐かしい」という切ない歌詞と訴えるような歌声は一度聞いただけで忘れられない強烈な印象を残し、繰り返し聞きたくなってしまう。

切ない感性の予告映像とは異なり、本編ではパク・ジニョン特有のコミカルな演技まで楽しむことができるという。

片隅に投げ出されるシーンを撮影する時は、白々しい表情で現場のスタッフを笑わせ、ミュージックビデオのフルバージョンへの関心を高めた。

レトロな感性とモダンな雰囲気が加えられたユーロディスコジャンルの新曲と、史上最高のミュージックビデオは今夏、音楽界にディスコブームを巻き起こすと期待される。

5日の夜、SNSに予告映像を公開したパク・ジニョンは「さあ、どうですか?」という質問で、人々から共感を得た。

レトロなコンセプトを現代風にアレンジした「When We Disco(Duet with 元Wonder Girls ソンミ)」は12日の午後6時にベールを脱ぐ。音源発売の前日11日の午後6時には、ミュージックビデオが先に公開される。

パク・ジニョンは新曲で“オールタイムレジェンド”そのものを見せてくれる予定だ。

彼は1994年、デビュー曲「Don't Leave Me」から「I have a girlfriend」「Your House」「She was Pretty」「Honey」など、多数の名曲を手がけ、人気を博している。

パク・ジニョンは大反響を呼んだ「Who's your mama?(Feat.Jessi)」、最高のシンガーソングライターで最高のダンス歌手としての地位を固めた「FEVER(Feat.Superbee、BiBi)」で2010年代に大ブレイクし、2020年には「When We Disco(Duet with ソンミ)」でディスコブームを巻き起こし、音楽界の生きる伝説として更なる存在感を発揮する。

記者 : キム・ウネ