miss A出身スジ&ナム・ジュヒョク&キム・ソノ&カン・ハンナ、新ドラマ「スタートアップ」に出演決定…韓国で10月より放送

MYDAILY |

写真=マネジメントSOOP、S.A.L.T.エンターテイメント、ファンタジオ
tvNの新しい土日ドラマ「スタートアップ」が、miss A出身スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソノ、カン・ハンナという豪華ラインナップを完成させた。

韓国で10月に初放送を控えた「スタートアップ」は、“韓国のシリコンバレー”であるサンドボックス(セキュリティ機構)での成功を夢見て、“スタートアップ”に飛び込んだ青春真っ只中の男女の始まり(START)と成長(UP)を描くドラマだ。困難はあるが、これ以上なくきらびやかな4人が挑戦と成長、ときめくロマンスを披露する予定だ。

「スタートアップ」は「ホテルデルーナ」のオ・チュンファン監督と、「ピノキオ」「君の声が聞こえる」のパク・ヘリョン脚本家が、「あなたが眠っている間に」再会した作品だ。豪華なキャスティングのラインナップに加えて、ドラマファンなら見逃せない組み合わせが際立つ。

劇中スジは、“韓国のスティーブ・ジョブズ”を夢見る力強い若者ソ・ダルミ役を引き受けた。お金はなくても度胸だけはすごい勝負師ソ・ダルミは、逆転を夢見て”スタートアップ”を始める。ソ・ダルミは各種アルバイトを網羅した、さまざまなキャリアの持ち主で、他の人の追随を許さない生活力まで備えた人物だ。自ら飛び込んだ苦難の道をどのように乗り越えていくのか、彼女の明るく愛らしい魅力と調和する元気いっぱいなエネルギーが期待される。

ナム・ジュヒョクは、サムサンテックの創業者であり、左脳型人間ナム・ドサンを演じる。一時は数学の天才として、家族にとって自慢の存在だったが、今は2年にわたり投資資金だけを使っているため、家族の恥になる寸前の人物だ。しかし、不本意にもソ・ダルミの記憶の中の‟かっこいい初恋の人”になって、彼はその誤解を現実にして、再び輝くために”スタートアップ”に挑戦する。彼が披露するNerd美(社会性は欠けているが、ある分野で突出した姿を持つ魅力を差す)、いきいきとした若者の演技に期待が集まっている。

借金を返済するために”スタートアップ”をするハン・ジピョン役は、キム・ソノが演じる。SHベンチャーキャピタルのシニアチームのリーダーである彼は、神がかった投資の実力と毒舌で、“投資界のゴードン・ラムゼイ”と呼ばれている。そんな毒蛇のような彼も、過去に自分に恵みを与えてくれたある人物の前では、限りなくおとなしくなる。図々しさと純粋さを行き来するハン・ジピョンの魅力を十分に生かす、キム・ソノの広い演技の幅に期待される。

カン・ハンナは、学歴、美貌、財力すべてを持つCEOウォン・インジェに変身する。財閥2世というタイトルがむしろ弱点である彼女は、実力を認められるために全力を尽くして成果を出すが、最終的には財閥の父により兎死狗烹(利用価値がある時だけ使われ、無用になると捨てられること)だ。彼女は再び狩りが終わったら捨てられる犬になるのが嫌で、”スタートアップ”に挑戦する。特有の魅力と繊細な表現力で、ドラマに緊張感を与える。

このように、抜群のビジュアルと確かな演技力を持った4人の俳優のラインナップが、視聴者の期待を高めている。「スタートアップ」の制作陣は、「スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソノ、カン・ハンナというホットな若者スターたちが集まって放出するエネルギーは格別だ。青春の物語を扱うだけに、共感でき、挑戦的で、トレンディな作品を披露するために皆が熱心に撮影中なので、初放送まで多くの関心と愛情を持って見守ってほしい」と伝えた。

記者 : イ・スンギル