ハン・ヒョジュ&ピョン・ヨハン出演、日本映画「太陽は動かない」新たな公開日が2021年3月5日(金)に決定

KSTYLE |

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
「怒り」「悪人」などヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一の「太陽は動かない」を、「海猿」「暗殺教室」「MOZU」など日本を代表するエンターテイメント超大作を手掛けてきた監督・羽住英一郎が待望の映画化! 世界を股にかけた壮大なスケールと、様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われたサスペンス巨編を描いた。

この度、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当初予定していた5月15日から公開を延期していた日本映画「太陽は動かない」の新たな公開日が2021年3月5日(金)に決定した。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
主演を務めるのは「22年目の告白-私が殺人犯です-」「カイジ ファイナルゲーム」など数々の強烈なキャラクターを演じ、常に日本映画界のトップを走り続けてきた藤原竜也。共演は、「センセイ君主」「テセウスの船」などで、爽やかなラブコメからシリアスなミステリーまで幅広く役柄を重ね、名実共に若手俳優No.1の呼び声も高い、竹内涼真。本作では、撮影の3~4ヶ月前から鍛え上げたという肉体を惜しげもなく披露し初の本格アクションに挑み、初共演となる藤原とともに心臓に機密保持のため定期連絡を行わないと爆発してしまう爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという極限まで追い詰められた秘密組織のエージェントを演じる。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
そして、世界を股にかけたスケールの本作に相応しく、韓国のみならずハリウッド進出も果たした人気女優のハン・ヒョジュ、そして同じく韓国映画・ドラマ界で一躍スターダムを駆け上がってきたピョン・ヨハン、更には邦画界を牽引し続ける名優・佐藤浩市の出演をはじめ、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾ら、豪華競演陣が集結した。2021年3月5日、これまでの日本映画を完全に超えたエンターテイメント超大作! 24時間ごとにリセットされる、極限のノンストップ・サスペンスが幕を開ける!

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

■映画情報
「太陽は動かない」
2021年3月5日(金) 全国ロードショー

原作:吉田修一「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫)
監督:羽住英一郎
脚本:林民夫
出演:藤原竜也、竹内涼真、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市ほか
制作会社:ROBOT 配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

<ストーリー>
心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)。24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。次から次へと困難が襲い来る極限の状況の中、2人の心臓爆破のリミットは迫っていた……。

■関連サイト
映画公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/taiyomovie/

記者 : Kstyle編集部