BTS(防弾少年団)、今年は3部門にノミネート!アメリカの音楽授賞式「MTVビデオ・ミュージック・アワード」に期待高まる

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
BTS(防弾少年団)が、「2020 MTVビデオ・ミュージック・アワード」で3部門にノミネートされた。

30日(現地時間)、MTVの公式サイトとSNSチャンネルを通じて、「2020 MTVビデオ・ミュージック・アワード」各受賞部門と候補が発表され、BTSは「BEST POP(ベストPOP)」「BEST K-POP(ベストK-POP)」「BEST CHOREOGRAPHY(ベスト振り付け)」の3部門の候補に名を連ねた。

2月21日に発売した4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」のタイトル曲「ON」が、「BEST POP」と「BEST K-POP」賞にノミネートされた。

また、「ON」の振付を担当したBig Hitエンターテインメントのパフォーマンスディレクターであるソン・ソンドゥク、イ・ガホン、イ・ビョンウンらも、「BEST CHOREOGRAPHY」部門にノミネートされ、世界的な影響力を見せた。「BEST CHOREOGRAPHY」は、アーティストと振り付け考案者の両方に与えられる賞だ。

BTSは、昨年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード」でベストグループ部門とベストK-POP部門を受賞しており、今年も結果を残すことができるか注目が集まっている。

「MTVビデオ・ミュージック・アワード」は、アメリカMTVが開催する音楽授賞式で、「Video of the Year(今年のビデオ)」「Artist of the Year(今年のアーティスト)」「Song of the Year(今年の歌)」「Best Collaboration(ベストコラボ)」など、21の部門が設けられている。

今年は新型コロナウイルスにより、「Best Quarantine Performance(ベスト・クアランティン・パフォーマンス)」と「Best Music Video from Home(ベスト・ミュージックビデオ・フロム・ホーム)」部門が特別に追加された。15の部門はオンラインで投票が行われ、その他の6つの部門は専門家によって受賞者が選ばれる。

「2020 MTVビデオ・ミュージック・アワード」の授賞式は、8月30日にMTVチャンネルで生中継される予定だ。

・BTS(防弾少年団)、4thフルアルバムが米ビルボード200で68位を獲得…22週連続ランクイン

・BTS(防弾少年団)、イタリアで専門誌が創刊…現地での人気うけ発行を決定

記者 : ペ・ヒョジュ