EXO チャンヨルの映像に不適切なサムネイル…批判受け番組スタッフが謝罪「不快感を与えた」

Newsen |

写真=SMエンターテインメント
tvN Dのクリップ事業チームが、「驚きの土曜日」EXO編の中で、チャンヨルに言及したサムネイルの字幕について謝罪した。

30日、tvN Dクリップ事業チームはtvN DのYouTube公式チャンネルを通じて「素晴らしい(分かち書きと綴りを誤って悪口のように表記)ディクション王チャンヨル」という表現を使ったことに対する謝罪文を掲載した。

その字幕を書いたクリップ事業チームは、「チャンヨルに言及したサムネイルの字幕が、多くの方々に不快感を与えた。サムネイル制作の過程で不適切な表現を使い、なお検収の過程でこの内容を確認できず、このようなことが発生した」とし、「サムネイルでご迷惑をおかけしたチャンヨルさんと不快感を感じたであろうすべての方々、『驚きの土曜日』の制作チームに、心からお詫び申し上げる」と謝罪の意を伝えた。

続いて「この映像の制作とアップロードは、『驚きの土曜日』チームではなく、放送されたコンテンツを利用してクリップを再編集した後、アップロードするクリップ事業チームで別途行っている」と説明した。

また「当該クリップは、直ちに非公開にし、制作陣による事前共有と検収過程のチェックを通じて、同じ問題が発生しないように、再発防止のために万全を期したい」と付け加えた。

25日に韓国で放送されたtvN「驚きの土曜日」は、EXOのチャンヨル&カイ&ベクヒョンがゲストとして出演した。問題になったクリップは、tvN Dチャンネルで現在削除されている状態だ。

・EXO カイ、チャンヨルとベクヒョンの歌い方に文句!?「僕ははっきり発音しているけれど…」

・EXO チャンヨル、映画「ザ・ボックス」に出演決定…長編映画では初の主演

【tvN Dクリップ事業チーム コメント全文】

昨日午後、YouTube tvN D ENTチャンネルにアップロードされた「驚きの土曜日」EXO編クリップのうち、EXOのチャンヨルに言及したサムネイルの字幕が、多くの方々に不快感を与える事態が起きました。

この映像の制作とアップロードは、「驚きの土曜日」の制作チームではなく、すでに放送されたコンテンツを利用してクリップを再編集した後、アップロードするクリップ事業チームで別途行っています。

クリップ映像のサムネイル制作の過程で不適切な表現を使い、なお検収の過程でこの内容を確認できず、このようなことが発生しました。

クリップ事業チームが再編集した映像の不適切なサムネイルでご迷惑をおかけしたEXOのチャンヨルさんと不快感を感じたであろうすべての方々、そして「驚きの土曜日」の制作チームに、心からお詫び申し上げます。

当該クリップは、直ちに非公開にし、今後「驚きの土曜日」のクリップ映像とサムネイル制作陣による事前共有と検収過程のチェックを通じて、同じ問題が発生しないように再発防止のために万全を期したいと思います。

これからは登録者の方々と視聴者の方々に不愉快な思いをさせることがないように最善を尽くします。

記者 : パク・スイン