ユ・アイン&パク・ジョンミン&キム・ヒョンジュ&ウォン・ジナら、Netflix新シリーズ「地獄」に出演確定

MYDAILY |

写真=各所属事務所
Netflixが、ヨン・サンホ監督とタッグを組んで披露する新オリジナルシリーズ「地獄」に、ユ・アイン、パク・ジョンミン、キム・ヒョンジュ、ウォン・ジナ、ヤン・イクチュンらが出演を確定した。

「地獄」は、予告なしに登場する地獄の使者に会った人々が、突然の地獄行き宣告を受けたことで経験する超自然的な現象を描く。現在連載されているウェブ漫画「地獄」は作家のチェ・ギュソクが絵を、ヨン・サンホ監督がストーリーの執筆を務め、現代社会の不確実性と不条理な部分を鋭く表現して話題を集めている。

今回公開された主演のラインナップも華やかだ。映画「#生きている」「バーニング」「ベテラン」などを通じて、忘れられない強烈なキャラクターを作ってきたユ・アインは、地獄の使者が訪れる現象が天啓だと説明する新興宗教“セジンリ会”の代表であるチョン・ジンス役を演じ、強烈なカリスマ性と神秘的な魅力を同時にアピールする予定だ。

映画「狩りの時間」「スタートアップ!」「娑婆訶(サバハ)」などで多彩な演技を披露し、実力派俳優として地位を固めたパク・ジョンミンは、セジンリ会の真実を暴く放送局のプロデューサーペ・ヨンジェ役を務め、緊迫感溢れる演技を見せる。

最近、ドラマ「ウォッチャー 不正捜査官たちの真実」で、イメージチェンジに成功したキム・ヒョンジュは、セジンリ会と彼らを盲目的に追従する集団である“ファサルチョク”の挙動に立ち向かう弁護士ミン・ヘジン役を演じる。

ドラマ「ライフ」、映画「金」「LONG LIVE THE KING:木浦(モクポ)英雄」など、ドラマとスクリーンを行き来しながら活躍しているウォン・ジナは、耐えられない苦痛に崩れていくペ・ヨンジェの妻ソン・ソヒョン役を演じて、視聴者の心を捉える予定だ。

映画「息もできない」を通じて忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞)の将来有望な監督として名前を知らせたことに続き、ドラマ「バッドガイズ-悪い奴ら-2」「大丈夫、愛だ」などの作品を通じて役者としても活発に活動しているヤン・イクチュンは、地獄の使者の出現事件を捜査する刑事チン・ギョンフン役を演じて、リアルな演技を披露する。

映画「哭声」でヤン・イサム助祭役を熱演し、ドラマ「謗法」、映画「半島」「地獄」までヨン・サンホ監督と深い縁を続けてきた個性派俳優のキム・ドユンは、ファサルチョクの一員に変身し、リアルな演技を披露する。「謗法」で衝撃的な巫女の演技で強烈な印象を与えたキム・シンロクは、幼い子供たちの前で突然地獄行きの宣告を受けた母親パク・ジョンジャ役を演じて、変わった世界で平凡な人物がどんな事件を経験するようになるのか詳細に描く予定だ。

ドラマ「自白」「梨泰院(イテウォン)クラス」での強烈な演技で好評を受け、代替不可能な存在感をアピールしたリュ・ギョンスは、セジンリ会の復興だけを考えて行動するユジ司祭役を演じる。映画「ソウォン」「戦場のメロディ」などで存在感を発揮し、ヨン・サンホ監督の作品「半島」で活躍したイレは、チン・ギョンフン刑事の娘チン・ヒジョン役で登場、ヤン・イクチュンと呼吸を合わせる。

「地獄」は、Netflixを通じて世界190ヶ国で公開される。

記者 : イ・イェウン