ハ・ジュン、新ドラマ「ミッシング」スチールカットを公開…行方不明になった婚約者を探す切ない眼差し

Newsen |

写真=OCN
行方不明になった婚約者ソ・ウンスを探す刑事ハジュンの切ない姿が収められたスチールカットが公開された。

OCN新土日ドラマ「ミッシング:彼らがいた」(演出:ミン・ヨンホン、脚本:パン・ギリ、チョン・ソヨン)は、行方不明になった死者たちが集まった幽霊の町を背景に、消えた死体を探して事件の真実を追うミステリーファンタジードラマだ。

ハ・ジュンは、行方不明になった恋人を探す捜査1課のエリート刑事シン・ジュノ役を演じる。シン・ジュノは、警察大学を首席で卒業した後、数々の事件を解決してきたエリート刑事だ。婚約者のチェ・ヨナ(ソ・ウンス)が結婚を1ヶ月後に控えたある日、突然姿を消したことから行方不明担当班に志願する。

これまで多数の作品でダンディーな魅力を披露してきたハ・ジュンは、シン・ジュノという人物を通じて捜査1課の刑事としての抜群のカリスマ性はもちろん、愛する恋人を探すための切ない純愛まで、多彩な演技を見せることが期待される。

29日に公開されたスチールカットには、婚約者を探すために奮闘するハ・ジュンの姿が収められている。ハジュンは、ソ・ウンスの写真を見せながら、あちこちを回って彼女を探す。彼の切ない眼差しから、切実な気持ちが伝わってくる。愛する恋人を懐かしむ彼の切ない姿が見る人々を悲しませる。そして、突然姿を消したソ・ウンスと恋人ハ・ジュンに隠された秘密は何なのか、好奇心を刺激する。

「ミッシング:彼らがいた」の制作陣は「ハ・ジュンは最初の撮影からキャラクターに入り込み、感嘆を誘った。優しい魅力はもちろん、強い男性の魅力、切ない純愛まで完璧に表現し、現場にいる全ての人々を没入させた。ハ・ジュンのイメージチェンジとソ・ウンスとの恋愛模様を楽しみにしてほしい」と伝えた。

記者 : イ・ミンジ