Ara&イ・ジェウク、新ドラマ「ドドソソララソ」予告映像第1弾を公開…甘くて切ないロマンスを予告

MYDAILY |

写真=KBS
KBS 2TV新水木ドラマ「ドドソソララソ」(脚本:オ・ジヨン、演出:キム・ミンギョン)がついにベールを脱いだ。

8月26日に韓国で放送が始まる「ドドソソララソ」側は29日、好奇心を刺激する予告映像第1弾を公開し、甘くて斬新な“テンションアップ”ロマンスドラマの誕生を期待させた。

「ドドソソララソ」は、エネルギッシュなピアニストのク・ララ(Ara)と、最高のアルバイターであるソン・ウジュン(イ・ジェウク)の、キラキラ輝くラブコメディを描く。それぞれに傷と秘密を抱えて、小さな田舎のピアノ教室“ララランド”に集まった人々の物語が、甘いトキメキと愉快な笑いを届ける。

「最高の離婚」を共同演出したキム・ミンギョン監督と、「私の恋したテリウス~A Love Mission~」「ショッピング王ルイ」などを執筆した脚本家のオ・ジヨンがダッグを組み、繊細ながらも感覚的なラブコメディの誕生を予告、ドラマファンの胸をときめかせる。

これまで見せてこなかった新しいキャラクターへの変身を控えているAra、安定した演技力とビジュアルをそろえた“大ブレイク中”のイ・ジェウク。この2人の興味深い共演は、放送前から話題を集めた。本日公開された予告映像第1弾も熱い関心に応えるように、期待以上の“甘いケミ(ケミストリー、相手との相性)”で視線を奪う。

気持ちのいいピアノのメロディーに合わせてリズムに乗るソン・ウジュンの前に、トキメキを抱いて立ったク・ララ。テーブルをノックする手からもトキメキが感じられる。しかし、それもつかの間、明るい笑顔で「どうして私を待ってたの?」と聞くク・ララに「お金をもらおうと」と答えるソン・ウジュンが関心を集める。甘い声で返済を促すソン・ウジュンと、揺れる眼差しも可愛らしいク・ララ。特別な“債務関係”で絡み合った2人の予測できない愉快で突飛な因縁の始まりは何なのか、期待を高める。

全く違う2人の若者の予測不可能な“タンチャン(甘くて悲しい)ロマンス”を披露する、Araとイ・ジェウクのケミも鑑賞ポイントだ。2人はそれぞれ、人生のピンチを迎えたポジティブなピアニストのク・ララと、自由奔放な性格のソン・ウジュンに変身する。

どんな状況でも人を笑わせる高いテンションの持ち主ク・ララと、無関心なようで優しいソン・ウジュンのダイナミックな青春第2楽章が、どのように繰り広げられるのか好奇心を刺激する。「ドドソソララソ」の制作陣は「“愉快で悲しい”更生を予告した2人の青春のはつらつとして突拍子もない出会いが、これまで感じたことのない気持ちいい愉快さとトキメキを届けるだろう。Araとイ・ジェウクの新しい魅力と“ラブコメケミ”を楽しみにしてほしい」と伝えた。

KBS 2TV新ドラマ「ドドソソララソ」は、8月26日の夜9時30分に韓国で放送がスタートする。

記者 : チョン・ジヒョン