EXO-SCからITZYまで「2020 DREAM CONCERT CONNECT:D」盛況裏に終了…世界中がひとつになったK-POPの祭典

OSEN |

写真=SBS Medianet
「2020 DREAM CONCERT CONNECT:D」が新型コロナウイルス感染症という見えない障壁を乗り越え、世界中のK-POPファンを一つに繋げた。世界中のK-POPファンが一緒に作った“特別な奇跡”という表現は決して大げさなものではなかった。

「2020 DREAM CONCERT CONNECT:D」が25日と26日の午後9時(韓国時間)、YouTube「The K-POP」チャンネルとNAVER「V LIVE+」でファンと出会った。「DREAM CONCERT」史上初めて開催されたオンラインコンサートは、「最先端K-Tech」と調和した多くのアーティストのステージで、グローバルファンの疲れた日常に元気なエネルギーを届けた。

初日だった25日にはEXO-SC(セフン&チャンヨル)とRed Velvetをはじめ、OH MY GIRL、ASTRO、South Club、Golden Child、Wanna One出身キム・ジェファン、AB6IX、CIX、CRAVITYなど、K-POPを代表するアーティストらが登場し、ファンの胸をときめかせた。2日目にはMAMAMOO、Wanna One出身ハ・ソンウン、LOVELYZ、宇宙少女、Weki Meki、チョン・セウン、THE BOYZ、Stray Kids、ONEUS、ITZY、Rocket Punchなどがファンと出会った。

「DREAM CONCERT」は、大衆音楽産業の成長に貢献してきたK-POPファンと韓国社会に報いる気持ちから始まり、韓国芸能制作者協会所属の会員企業と芸能人の才能寄付(技術や技能を無償で提供すること)の形で行われている。また、毎回社会的イシューを克服するためのポジティブなメッセージを込めたキャンペーン及び公益目的のイベントも開催してきた。

今回の「DREAM CONCERT」も、新型コロナウイルスの感染拡大で低迷している状況を一緒に克服しようというメッセージを込め、世界に希望と勇気のメッセージを伝える社会貢献を目的に開催された。パンデミックで国家間の移動が制限される状況の中で非対面コンサートとして開催され、スターたちが世界のK-POPファンを訪ねる演出を通じて心の距離を縮めると共に慰めと希望のメッセージを伝え、いつにも増して充実したイベントで世界のファンを迎えた。

オンラインコンサートを楽しむ世界中のファンのため最先端技術が導入された。世界初のEX-3D Sound技術が適用され、サラウンド音響でオフライン公演で感じられる臨場感を与え、オンラインで見ている観客の没入感を高めた。さらに超高画質映像を提供する「4KUHD超高画質放送サービス」、マルチ会議システムによる「リアルタイムマルチキャストライブ中継」、仮想の3D空間でカメラトラッキング技術を活用してリアルタイム合成を通じてコンテンツを演出する「バーチャルステージ」などが公演をより豊かにした。

また、アーティストのステージを背景に世界中のK-POPファンと共にする「デュエット」ステージと、雰囲気をより一層盛り上げた「応援法」のステージ、「テチャン(一緒に歌うこと)」が披露され、ファンに特別な喜びをプレゼントした。これと共にベトナム・ハノイやドイツ・フランクフルト、中国・広州など、様々な国や都市のファンがEXO-SC、MAMAMOOとリアルタイムでインタビューを行い、より近くでコミュニケーションをとった。「DREAM CONCERT」に適用された“最先端K-Tech”の存在感が輝いた瞬間だった。

今回の公演のハイライトは様々な事前コンテンツのおかげでさらに輝いた。EXO-SC、MAMAMOO、OH MY GIRL、THE BOYZ、ITZY、キム・ジェファンらは、YouTube「The K-POP」チャンネルでスターとファンを繋ぐLAN線ファンミーティング「MEETCHA!」でファンと出会った。さらに2日間、全出演者がパフォーマンスのスポイラー(ネタバレ)とTMIトークを披露する特別なレッドカーペットイベント「フォトーク! カーペット」に登場した。

YouTube「The K-POP」チャンネルでは、「DREAM CONCERT」と共に「2020韓国文化祭り」も行われた。ウェブバラエティ「ミジュピクチュ X 韓国文化祭り」ではMCを務めたLOVELYZのミジュが、様々なアーティストとK-アイテムを紹介する「K-カルチャーアンボクシング」を披露し、「偉(胃)大なK-フード」ではK-フードについての情報を共有した。また、K-POPスターらのファッションを分析する「#Style Vogue」、K-POPアーティストが韓国の名所で繰り広げるミニバスキング(路上公演)「#ライブトリップ」など、様々な見どころを披露し、楽しい時間を届けた。

「DREAM CONCERT」が用意したプレゼントはこれだけではなかった。様々な角度から撮影したメンバー別映像を選んで視聴できる「メンバー別マルチカム(複数のカメラで同時撮影された動画)」、3D 180度のVR映像を提供した。さらに、公演を目の前で見ているかのような臨場感を与える「VRコンテンツサービス」などが今後YouTubeメンバーシップコンテンツとして提供され、「DREAM CONCERT」の思い出をもう一度振り返る機会を設ける。

記者 : カン・ソジョン