チョ・スンウ&ペ・ドゥナ、新ドラマ「秘密の森2」キャラクターポスターを公開…8月15日より放送スタート

OSEN |

写真=「秘密の森2」ポスター
韓国での初回放送日が8月15日に決定した「秘密の森2」は、チョ・スンウとペ・ドゥナのキャラクターポスターを公開した。

tvN新土日ドラマ「秘密の森2」(脚本:イ・スヨン、演出:パク・ヒョンソク)が本日(24日)公開したイメージで注目すべきことは、放送日だけではない。これまで次々とベールを脱いできた映像とイメージでの主な象徴は「霧」だった。新しく造成された「秘密の森」と霧、そして「沈黙する者」が意味深に見えた理由だった。ところが、今回のキャラクターポスターは鮮明だ。何より検事ファン・シモク(チョ・スンウ)と刑事ハン・ヨジン(ベ・ドゥナ)はさらに決然とした表情を見せている。彼らが検察と警察の捜査権調整調整という核心的な事案の中から見つけた真実は何なのか、さらに好奇心をくすぐる。

また、昨シーズンから流れた2年の間に登場人物に起きた変化にも注目する必要がある。昨シーズン、ファン・シモクは不条理を取り除き、南海(ナムへ)に異動の辞令が出された。よく切れる刃物のように危険な物だと、引き出しの中にしまわれたように見えた。冷静と温情を差別しないファン・シモクは、彼らしく統営(トンヨン)地方検察庁で2年の任期を終えた。ところが、勤務地循環の原則に従って統営から離れることを待っていた彼に、意外にも最高検察庁から呼び出しがあったという。彼らが平検事のファン・シモクに必要としているものは何なのか。そして「沈黙しない場合、答えを探すことができるでしょう」というファン・シモクが抱いている質問と答えを見つけることができるのだろうか。

ファン・シモクとは逆に、ハン・ヨジンは一階級特進の栄光を味わった。しかし、それにより彼女の階級がチーム長より高くなり、曖昧な立場になってしまった。そのため、警察庁が“捜査構造改革団”という新しいTFチームを作り、派遣勤務の申請を受ける際、積極的に志願したという。捜査構造革新団は、検察から完全な捜査権の独立を目的とするタスクフォースチーム。彼女は派遣勤務を始めて1年半でついに「検察・警察の捜査権調整調整」に向け第一歩を踏み出すことになる。そして「霧を防ぐことはできませんが、真実は明かさなければなりません」というハン・ヨジンは、依然として「真実」を追うことを暗示している。

制作陣は「『検察・警察の捜査権調整調整』のために構成された検警協議会。検察と警察、二つの正義が衝突するところでファン・シモクとハン・ヨジンがまた出会う」とし「本日(24日)公開されたポスターには霧が晴れた『秘密の森』で、変わらず強い眼差しで共にする2人の姿を収めた」と説明した。続けて「霧が晴れた後から明らかになる『秘密の森』の実態は何なのか、2年ぶりに再会したファン・シモクとハン・ヨジンがどんな真実を探していくのか、8月15日の初回放送で確認してほしい」と伝えた。

「秘密の森2」は、検察・警察の捜査権調整の最前線で再会した孤独な検事ファン・シモクと行動派刑事ハン・ヨジンが、隠蔽された事件の真実に近づく内部秘密追跡劇だ。シーズン1に続き、脚本家のイ・スヨンが執筆する「秘密の森2」は、ドラマ「むやみに切なく」「恋のステップ~キミと見つめた青い海~」を通じて、キャラクターに対する感性的なアプローチで、魅力的な映像美を構築したパク・ヒョンソク監督が演出を務める。「サイコだけど大丈夫」の後番組として、8月15日午後9時に韓国で放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク