「十匙一飯」キム・ヘジュン、父親の死に解剖を要求“毒物反応がある”

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「十匙一飯」キャプチャー
キム・ヘジュンが、父親ナム・ムンチョルの死亡に解剖を要請した。

23日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「十匙一飯」第2話(脚本:チェ・ギョン、演出:チン・チャンギュ)で、ユ・ビンナ(キム・へジュン)は父親ユ・インホ(ナム・ムンチョル)の死に驚愕した。

ユ・ビンナは、父親を起こそうとした時に死に気づき、遺体の第一目撃者になった。ユ・インホの死因に関心が高まる中、ユ・ビンナは警察に「解剖するんですよね?」と尋ねた。

警察が「そうする理由でもあるのか?」と尋ねると、ユ・ビンナは「唇にチアノーゼ。それは毒物反応である。病気のせいで亡くなったものではないかもしれない」と答えた。他の人々はむしろ「じゃあ、殺されたというのか?」「解剖なんて、2度殺すことだ。もう一度よく考えてみろ」と、解剖が気に入らない様子だった。

しかし、ユ・ビンナは「この家でお父さんの直系家族は私しかいないから。遺族の権利で要求します。解剖してください」と積極的に求め、警察は「どうせ解剖するつもりだった。毒物反応が疑われるし、他殺の可能性がある」と答えた。

これを受け、ユ・インホの甥ユ・ヘジュン(チェ・ギュジン)は「直系家族が君1人だと? 伯父さんの生前に家族の役割をしたのは僕1人なのに、亡くなったら家族は君だけになるんだね。1年に何度か顔を出した君が、僕より家族だと堂々と主張している理由は、戸籍の力だろうな」と腹を立て、ユ・ビンナと対立を始めた。

記者 : ユ・ギョンサン