EXO–SC、新曲「10億ビュー」はYouTubeの再生回数狙い?“違うとは言い切れない”

TVREPORT |

写真=SNS「SBSテレビ芸能」画面キャプチャー
EXOのセフンとチャンヨルが、ニューアルバムからオンラインコンサートまで、ユニット活動のビハインドストーリーを公開した。

22日に韓国で放送されたSBS「SBSテレビ芸能」では、セフンとチャンヨルのインタビューが公開された。

EXO-SCはEXOのユニットグループで、13日に1stフルアルバム「10億ビュー」を発売した。同アルバムは発売当日に世界50地域の音源チャートで1位を席巻し、世界的人気グループの底力を証明した。

セフンはタイトル曲を「大好きで愛する人を、10億回繰り返して見たいという意味です」と説明した。「YouTube再生回数10億回を狙った?」というストレートな質問には「狙ってないとは言い切れません」と笑顔を見せた。

現在SNS上では「10億ビュー」チャレンジ動画が流行している。セフンとチャンヨルもこの日、“携帯電話ダンス”を披露してチャレンジに参加した。

先立ってセフンとチャンヨルは18日、オンラインコンサートを開催してファンに会った。同インタビューはコンサート開催前に行われたもので、チャンヨルは「ファンの皆さんに早く会いたいです。AR技術を通じて、実際の公演会場にいるような感覚を味わえるので、直接会えない物足りなさを解消できると思います」と話した。

オンラインコンサートを2倍楽しむ方法について2人は、「ビールを飲みながら楽しんでほしいです」と答え、笑いを誘った。

セフンは最近、映画「パイレーツ2」に合流して、俳優としても活躍を予告した。セフンは「ハン・ヒョジュ姉さん、クォン・サンウ兄さん、カン・ハヌル兄さん、イ・グァンス兄さんなど、素晴らしい先輩たちと共演することになりました」と感想を伝えた。

先立ってドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」や、映画「チャンス商会」などに出演したチャンヨルは、「最近、韓国で初めてオーディオシネマの主人公を務めました。とても光栄に思っています」と明かした。

最後にセフンは「EXO-SCの1stフルアルバムが出ました。たくさん聴いて、愛してください」と伝え、インタビューを終了した。

記者 : イ・ヘミ