god デニー・アン、CUZ-9エンターテインメントとの専属契約を締結「様々な領域で活動できるよう全面的に支援」

MYDAILY |

写真=CUZ-9エンターテインメント
godのデニー・アンが新生会社CUZ-9エンターテインメントとの専属契約を締結した。

CUZ-9エンターテインメントは「多数の作品を通じて安定した演技力を披露してきたデニー・アンとの専属契約を締結した」と伝えて「信頼とコミュニケーションをもとに、様々な領域で活動を続けていくことができるよう全面的に支援する」と述べた。

デニー・アンはグループgodのメンバーとしてデビュー、俳優、DJ、MCなど多方面の分野で活発的な活動を繰り広げて、長い時間にわたり愛されてきた。

また彼は、2010年のドラマ「チュノ~推奴~」を皮切りに、「逃亡者 PLAN B」「12年ぶりの再会」「ビッグイシュー~正義か、悪か~」「レベルアップ」はもちろん、映画「待ちくたびれて」「ヘッド」を通じてジャンルにとらわれない多様な演技を披露し、演技の幅を広げていった。

特に、最近韓国で放送が終了したドラマ「レベルアップ」では主演のパク室長役で活躍し、俳優としての地位を固めた。企業の会長の息子であるクムスジョ(黄金のスプーンと箸という意味:裕福な家に生まれた人)の天下りだが、そんな素振りを見せない人間的な魅力で視聴者たちの心をつかんだ。

そんな活躍の中で、今後の成長の可能性がより一層期待されるデニー・アンがCUZ-9エンターテインメントと手を組んで、精力的な作品活動を予告し、関心がさらに集まっている。

デニー・アンが選択したCUZ-9エンターテインメントは、2020年5月に設立された新生会社で、映画監督出身キム・ジョンジン代表を筆頭に、多数のベテランマネージャーが大勢在籍しており注目を集める。これにデニー・アンとCUZ-9エンターテインメントの出会いで起こる相乗効果の行方にも注目が集まる。

CUZ-9エンターテインメントとの専属契約を締結したデニー・アンは現在、次期作を検討中である。

記者 : ヨ・ドンウン