MONSTA X、日本シングル「Wish on the same sky」で1位を獲得“初のバラードシングルとしても注目された楽曲”

Newsen |

写真=STARSHIPエンターテインメント
MONSTA Xが、タワーレコードの上半期K-POPシングルチャート1位を記録した。

21日、所属事務所STARSHIPエンターテインメントは「MONSTA Xが、日本シングル『Wish on the same sky』で、現地のタワーレコード『2020上半期チャートK-POPシングルTOP10』で1位を獲得した」と伝えた。

タワーレコードが最近公開した「2020上半期チャートK-POPシングル TOP 10」によると、MONSTA Xは、4月に発売した日本シングル「Wish on the same sky」を通じて、同チャート1位を獲得した。タワーレコードは、「初のバラードシングルとしても注目された楽曲だ」と言及し、1位のニュースを伝えた。

特にこのシングルは、MONSTA X流のミディアムバラードであり、温かく柔らかいメロディーとボーカルが合わさった楽曲で、発売当時も日本のファンから高い支持を受けた。タワーレコード全店総合シングル週間チャートで、発売直後から3週間にわたって1位を獲得する快挙を成し遂げ、オリコンチャート週間シングルランキング2位、ビルボード・ジャパン週間チャート2位、ビルボード・ジャパンHOT100で7位を獲得し、人気を博した。これらの記録が重なり、MONSTA Xはタワーレコード「2020上半期チャートK-POPシングルTOP10」で1位を獲得し、日本での人気を証明した。

また、「2019上半期チャートK-POPシングルTOP10」で、「Shoot Out」1位、「Alligator」2位を獲得してチャート最上位を席巻したMONSTA Xは、その後に発売したシングルでも好成績を記録し、着実な成長を遂げている。

記者 : パク・スイン