「サイコだけど大丈夫」ソ・イェジ&キム・スヒョン、キス直前!?2人でデートへ

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「サイコだけど大丈夫」放送画面キャプチャー
ソ・イェジとキム・スヒョンがキス直前まで近づいた。

18日に韓国で放送されたtvN土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」で、ムン・ガンテ(キム・スヒョン)はコ・ムニョン(ソ・イェジ)に「今日1日、一緒に遊ぼう」と誘った。

この日、ガンテは「僕、停職処分になったよ。告訴状も来るだろう。めちゃくちゃだ。君と一緒に遊びに行きたい。今だよ、行こう」と手を伸ばし、ムニョンは微笑みながら彼の手を握って立ち上がった。

「海外へ行こう、セレンゲティはどう?」と浮ついたムニョンをよそに、ガンテは突然落ち込んだ。そんなガンテにムニョンは「もしかして今『僕は何をしてしまったんだろう』と思ってる? あんなにカッコよく私を誘い出したのに、まさか今になって我に返ったわけじゃないよね?」と言った。

ガンテは「パスポートがない」と海外旅行を拒否した。済州島(チェジュド)に行こうという提案には「泊まりで行くなら、兄も連れて行かなきゃ」と言った。これに怒り出したムニョンは「私と一晩泊まる? それとも一緒に死ぬ?」と防波堤の方向に車を急発進した。

ガンテは「とめて!」と叫びながら怖がった。ムニョンが車をとめるとガンテは「命をかけていたずらするな!」と怒りながら「衝動的に行動する前に、心の中で3つ数えて」と言った。彼女は「そんなあなたは3つ数えてあいつを殴ったの? あなたと一緒にいるとどこかにぶつけたくなるから降りて」と車から追い出した。

友人のチョ・ジェス(カン・ギドゥン)のお店でピザを食べていたガンテは「旅行に行きたい。セレンゲティに行きたい」と話した。

帰宅したガンテはムニョンに「今日1日、一緒に遊ぼう」と誘った。そして「僕にとってその1日はずっと夢見た逸脱だ」と表現した。ガンテの真心を感じた彼女は「あなたは時々、動物トレーナーみたい。あなたに飼い慣らされているような気がする」と言った。ガンテは「僕はむしろ反対だ。君のせいで、僕が今まではしなかったことをする。さっきは何も聞こえず、何も見えなかった。狂っていたかもしれない」と話した。

2人はキス直前まで近づいたが、鹿の泣き声が雰囲気を壊した。ムニョンは「あの鹿、首をねじってやる」と泣き声を真似しながらつぶやいた。

記者 : キム・ウンジョン