BJセヤ、故パク・ソウンさんを追悼「もし連絡が取れて、真実を知っていたら…」

OSEN |

写真=BJセヤのSNS
BJ(配信者)セヤがSNSに書き込みを掲載し、人気BJ(配信者)故パク・ソウンさんを哀悼した。

BJセヤは18日、自身のSNSに長文の書き込みを掲載した。彼は「まず亡くなったパク・ソウンさんと遺族の方々に深い哀悼の意を表します。どんな言葉も慰めにならないことが分かるので、胸があまりにも痛いです」と哀悼した。

続いて彼は「僕が7月3日に問題の書き込みの存在を知り、故人と相談しようとしましたが連絡が取れず、この日、悲しい出来事が起こりました。私は愚かにもその惨憺たるニュースを知らない状態で、性急に7月4日に釈明放送をしました。連絡がずっと取れず、気になっていたのですが、遅ればせながら7月10日の未明になってやっとニュースを知ることになりました。もし、連絡が取れたり、事実を知っていたら、放送する考えすら出来なかったでしょう」と釈明放送を行った過程を説明した。

BJセヤは、故人に関する噂の拡大がされないようにしてほしいと頼んだ。彼は「ただ、僕に対する非難は何でも受けることができるが、故人に関する噂が拡大されることがないよう、根拠のない推測と非難を慎むよう、切に訴えます」と頼んだ。

最後に彼は自粛すると伝えた。BJセヤは「僕を信じて愛してくださったファンの方々と、僕の軽率さに傷ついたすべての方々に本当に申し訳ないです。自粛し、より成熟した人間になることを誓います」と書き上げた。

パク・ソウンさんは、今月の3日にこの世を去った。BJセヤは、4日に自身のAfreeca TV(ライブストリーミング配信サービス)でパク・ソウンさんに関する疑惑を解明する放送を行った。

・人気BJパク・ソウン、突然の死去に衝撃…妹が訃報伝える「誹謗中傷に苦しんでいた」

記者 : パク・パンソク