1THE9、約8ヶ月ぶりにカムバック!残り少ない契約期間に言及も“待っていれば良いニュースが…”(総合)

OSEN |

写真=OSEN DB
1THE9が少年らしさを脱ぎ捨て、カリスマ性溢れるセクシーさで戻ってきた。

16日午後、ソウル江南(カンナム)区清潭洞(チョンダムドン)ILCHIアートホールにて、1THE9の3rdミニアルバム「Turn Over」の発売記念ショーケースが開催された。

キム・テウは、「久しぶりに立つステージなので、緊張する。メンバーたちと共に一生懸命練習した。暖かく見守っていただきたい」とし、カムバックの心境を語った。続いて、イ・スンファンは「休んでいる間にそれぞれの実力を上げたくて、たくさん練習をした。僕は、最近ピアノに興味がある。将来、曲を書きたい。今から少しずつ練習している」とし、これまでの近況を伝えた。

1THE9のニューアルバム「Turn Over」は、愛のために悪役もいとわない9人のメンバーたちの、拒否することのできないギャップのある魅力と、愛する人の前では何でもこなす人に変身して必ず勝ち取るという、1THE9だけの“真っ直ぐな愛し方”が収められたニューアルバムだ。タイトル曲「Bad Guy」は、パワフルなビートと鋭いシンセサウンドが、会話するように合わさっている曲。「愛する人のためなら闇の道を歩いてもいい」というメッセージと、1THE9の華やかなステージパフォーマンスが合わさって、強烈なカリスマ性をアピールする予定だ。

1THE9は、「Bad Guy」のほかにも、切実な愛に何もかもを注ぎ込むという抱負を込めた「PARADISE」、R&Bスタイルの「GLOW」、やり直そうとするすべての人々と一緒に歌いたい1THE9の気持ちをシンプルに表現した「Dream In The Sky」などを収録し、9人のメンバーたちの夢と希望を詰め込んだ。

シン・イェチャンは、「愛する人のためなら悪役もいとわないという気持ちを込めた曲だ。僕たちを見ている方が一緒に歌うことができるように作った曲だ」とし、新曲「Bad Guy」の中毒性の強いメロディーをアピールした。

特に、1THE9のリーダー、ユ・ヨンハと末っ子のパク・ソンウォンは、ラップメイキングに参加したという。ユ・ヨンハは「作曲家さんの協力をたくさん得て、自身だけのカッコよさを見つけた。より一層成長することができた瞬間だった」、パク・ソンウォンは「僕を成長させてくれたアルバムである。とても良かった」と話した。

キム・ジュンソは、「Bad Guy」のミュージックビデオに対するエピソードも語った。彼は、「最後のシーンを撮影する時、深夜で疲れていた。スンファン兄さんは、カフェインで意識は起きているのに、体は眠っていた。映画『半島』のようにゾンビみたいだった。一人で寝言を言っているのが、ゾンビを見ているようだった」と打ち明けた。イ・スンファンは「目を覚まさなければならないのに、体はそうしたくない。そのような過程で現れた行動だと思う」と付け加えた。

チョン・ドヨムとチョン・ジンソンは今年、高校3年生になった。チョン・ドヨムは、「『UNDER 19』の時は17歳(韓国の年齢)だった。『UNDER 19』に出演した時は、テレビ出演が初めてであり、慣れない部分が多かったけれど、今は自分自身をもっと表現し、より良い姿を見せなければならないと思い、本当にたくさん練習した」とし、成長した部分を紹介した。チョン・ジンソンも「『UNDER 19』の時と今の最も大きな違いは、心構えが変わったところだ。兄さんたちと過ごしながら学んだことが多くて、心が成長したと思う」と告白した。

チョン・テクヒョンは、「8ヶ月間待ってくださってありがたい。待っていただいた分、お返しする」とし、ファンへの愛情を表した。

現在、1THE9は契約期間終了まで、残り少ない状況。これに関連し、チョン・ドヨムは、「終わりがあるグループなので、ステージごとにベストを尽くさなければならないと思った。次の活動や計画があるので、その部分にもたくさん期待していただきたい」と伝えた。イ・スンファンも「1st、2ndアルバムの時はステージに対する緊張感があった。3rdアルバムでは、ステージ上で少し緊張しなくなった姿を表現してみたかった」と話した。

シン・イェチャンは、「収録曲全曲を聴いてすぐに、本当に良いなと思った。『GLOW』を初めて聴いた時、メロディーが洗練されていて夢幻的だった。編曲的にもすごく勉強になる曲だった。たくさん聴いていただきたい」とし、収録曲の中の最愛の曲を挙げた。

1THE9の最年長キム・テウは、「まだ、1THE9については今後の計画が決まっていないが、メンバー全員がこのように活動を終えるのは残念に思っている。待っていれば、良いニュースがあるんじゃないかと思う」とし、今後の活動計画を伝えた。

最後にユ・ヨンハは、「時間があまり残っていないので、WONDER LAND(1THE9のファン)と一緒に過ごすことができる時間が少ない。多くのコンテンツと共に、お会いできる機会をたくさん作るために努力したい」とし、旺盛な活動を予告した。

1THE9は、本日(16日)午後6時に各音楽配信サイトを通じて、3rdミニアルバム「Turn Over」を発売した。

【PHOTO】1THE9、3rdミニアルバム「Turn Over」発売記念ショーケースを開催

1THE9、3rdミニアルバム「Turn Over」ロゴイメージを公開…コンセプトに高まる期待

記者 : イ・スンフン