「出師表」AFTERSCHOOL ナナ、区議員の活動をしながらアルバイトを開始…青汁の配達員に変身

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「出師表」放送画面キャプチャー
AFTERSCHOOLのナナが、区議員活動と共にアルバイトを始めた。

7月15日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「すべき就職はしないで出師表 」で、区議員に当選したク・セラ(ナナ)が、掛け持ちをした。

この日の放送では、マウォン区の財政が正常化するまで、区議員たちが率先して給料をもらわないことにした。ク・セラは友達に「今までの会社で、給料が滞ることはあっても、くれない会社はなかった。すぐにでも退社して別の職場を当たってみようか」と話した。

これに対して、友達は「あなたが議員をやめたら退社ではなく、辞退だよ。それから、辞退したらマウォン区を離れなければならないのよ」と話した。ク・セラは「食費はどこで儲けて、借金はどうやって返すんだろう」とし、アルバイトを考えた。

ク・セラは議員活動の時間を避けて、青汁配達員としてアルバイトを始めた。ク・セラは、青汁の宣伝のために警察署を訪問し、迷子を連れて来たソ・ゴンミョン(パク・ソンフン)に出くわした。ク・セラは会議中に、警察の一人から配達を頼まれ笑顔を浮かべた。

記者 : チェ・スンヘ