放送開始「優雅な友達」ユ・ジュンサン&ソン・ユナ、夫婦間に亀裂が…衝撃の展開で幕開け

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「優雅な友達」 放送画面キャプチャー
ユ・ジュンサンの20年前の初恋の相手が彼の人生に亀裂が生じることを予告し、第1話の幕を開けた。

10日、JTBC「優雅な友達」第1話が放送された。突然の友人の死で平和な日常に亀裂が生じて展開される、20年来の友人たちとその夫婦のストーリーを描くミステリードラマだ。

同日の放送では、それぞれ中年の生活をしている友人たちの現在が描かれた。夫婦仲良く過ごすアン・グンチョル(ユ・ジュンサン)とナム・ジョンへ(ソン・ユナ)から、厳しい現実の中で感情が乾いてしまったチョン・マンシク(キム・ウォンへ)とチ・ミョンスク(キム・ジヨン)夫婦、12歳年下の妻を満足させることができず、仕事に追われているパク・チュンボク(チョン・ソクヨン)とユ・ウンシル(イ・イネ)夫婦、高級バーを運営している年上の妻カン・ギョンジャ(キム・ヘウン)と暮らしているアダルトムービー監督のチョ・ヒョンウ(キム・ソンオ)の姿が描かれた。

ナム・ジョンへとアン・グンチョルの愛情溢れる夫婦関係が描かれた。精神科医であるナム・ジョンへは、新しいゴルフコーチについて話し、アン・グンチョルは嫉妬した。また、接待のためにホストがいる店に行ったと明かしたナム・ジョンへは、またも嫉妬する夫を「楽しかったけど、あなたよりいい男は一人もいなかった」と慰めた。アン・グンチョルは「正直、僕ほどのビジュアルを探すのは簡単ではない」と言ってプロポーションを誇り、笑いを誘った。そんな中、チョン・ジェフン(ペ・スビン)がナム・ジョンへとゴルフコーチが一緒に写った写真を見て意味深な表情を見せ、緊張感を与えた。

また、パク・チュンボクは若い妻と子供を養うために保険会社の職員、そして外車のディーラーとして働き、傍若無人な客にビンタされる屈辱まで味わった。税金の徴収係の公務員チョン・マンシクも上司に叱られたが、家族写真を見て自分を慰めた。

仕事に邁進し、忙しい一日を過ごしていたアン・グンチョルは、妻の誕生日を迎えて花やプレゼントを持って妻の仕事終わりを待ち、帰りを共にした。休まず仕事をしている妻を心配し、優しい夫としての一面を見せた。彼が、眠っている妻と共に車の中で初恋の思い出をくすぐる歌を聴いている間、彼の友人であるチョン・マンシクは胸の痛みを感じながら秘密を持ったままバスの中で息を引き取った。

アン・グンチョルは生死が共存していた頃を思い出し「あの日、堂々としていた僕の人生にも亀裂が生じ始めた。いや、僕の人生の亀裂は、大学時代にジョンへに会った瞬間から生じたのかもしれない」と過去を振り返った。

時間は25年前にさかのぼり、男子学生の人気を一身に受けているペク・ヘスク(ハン・ダガム)とナム・ジョンへが、アン・グンチョルや友人たちが所属しているサークルに加入し、ペク・ヘスクがアン・グンチョルにストレートに愛情表現をして緊張感が高まった。

特に、同日の放送では憤ったアン・グンチョルが謎の殺人事件に関連している衝撃の状況、彼の友人たちが刑事の前で「アン・グンチョルは殺人ができる人ではない」と証言する場面が放送され、彼らがお茶の間をどんな秘密でスリル溢れるミステリーに誘うのか関心が集まった。

予告編では、ペク・ヘスクがアン・グンチョル、ナム・ジョンへ夫婦の前に再登場し、ナム・ジョンへが嫉妬に囚われる姿が描かれ、今後どのような展開になるのか期待が高まった。

記者 : ハ・スナ