ソン・イェジンが専属モデルを務めるスキンケアブランド「魔女工場」8月末に日本上陸!ロフトほか全国で販売開始予定

KSTYLE |

ソン・イェジンが専属モデルを務めるスキンケア専門ブランド「魔女工場」が日本に上陸する。

2012年に韓国で誕生したスキンケア専門ブランド「魔女工場」は、「良い成分は肌を裏切らない」のスローガンの下、天然成分にこだわったアイテムを揃えている。今回「魔女工場」公式オンラインショップで7月9日より、世界的に注目されているトレンドの一つ“ヴィーガン”を取り入れた新商品「アワーヴィーガン サンフルイド グロー」「アワーヴィーガン サンクリーム シカ」「アワーヴィーガン サンクリーム ベーシック」が新たに発売される。

また、8月末にはロフトをはじめ、全国でのオフライン販売を開始予定。日本での購入がこれまで以上にスムーズになる。

「魔女工場」は、ベストセラーアイテム「ビフィダコンプレックスアンプル」が韓国の有名口コミアプリ「ファへ」のセラム部門(2017年、2018年)で2年連続1位を受賞したほか、「ピュアクレンジングオイル」が韓国のドラッグストアチェーン「オリーブヤング」でクレンジングオイル部門販売1位(2019年1月~12月累計売上オリーブヤングクレンジングオイル部門基準)を獲得している。美容への意識が高く、美容大国と呼ばれる韓国で、多くの支持を得ている。

さらに、「魔女工場」の専属モデルを務めるのは、今話題騒然の韓国ドラマに主演する人気女優ソン・イェジン。韓国国内では、“美肌女優”として常に注目の的で、透明感がありナチュラルな魅力が、「魔女工場」のイメージにも合うと評判だ。

そんな「魔女工場」が今回、100%ヴィーガン処方でありながら、SPF50、PA+++を実現したサンクリーム3種を7月9日から日本市場向けに新発売。トレンドに敏感な女性の間で注目を集めるビューティーキーワード“ヴィーガンコスメ”に着目した。ヴィーガンコスメとは、動物由来成分を一切使用せず、製造過程で動物実験をしていない肌にも環境にも配慮したコスメのことで、韓国でもヴィーガンコスメ市場に注目が集まっている。新商品もフランスのヴィーガン認証機関イブ(EVE VEGANE)の正式認証を受け、海洋生態系を脅かす有害成分まで排除するなど、徹底的に商品づくりにこだわっている。


◆ソン・イェジン コメント

肌を休ませせたいときや、運動するときは「アワーヴィーガン サンクリーム シカ 」を使っています。ピラティスとTRXをよくしますが、負担を感じず、ラクなので手放せません。


・アワーヴィーガン サンフルイド グロー

2,800円(税抜) SPF50+ PA++++

13号から23号までの肌トーンに対応し、さりげなくナチュラルにトーンアップ。「魔女工場」ならではの独自の技術で、花のようにロマンチックなピンク色の肌を演出する。ピンクパウダーが微細に分散され肌にしっかり密着し、くすんでいる肌トーンを補正。皮脂吸着パウダーが肌に不要な皮脂をきれいに除去し、べたつくことなく肌にたっぷり潤いを与える。肌に吸収されにくいノンナノ粒子(ナノ粒子不使用)で紫外線を反射させ、肌への刺激を心配することなく使用可能。


・アワーヴィーガン サンクリーム シカ

2,600円(税抜) SPF50+ PA++++

肌の鎮静効果がある「シカ成分」の中でも、特に皮脂調整特許成分が過剰な皮脂を調整し、ツボクサ成分とティーツリーオイルで、肌をすばやく鎮静する。経皮吸収されない分子を使ったノンナノ紫外線散乱剤を使用し、敏感肌の人でも肌トラブルを心配することなく使用可能だ。余分な皮脂を吸収してサラサラ素肌が持続する、皮脂吸着パウダーも配合。無機系日焼け止め特有のこってり感を排除し、柔らかい使用感で白浮きの心配もない。


・アワーヴィーガン サンクリーム ベーシック

2,600円(税抜) SPF50+ PA++++

重くないさらっと軽い使用感で、白浮きの心配なく、水分でしっとりとした仕上がりに。日焼け止めを塗っていることを忘れるほどしっとりと軽く肌に染み込む、なめらかなウォーターベースの日焼け止めだ。

「魔女工場」ヴィーガン3種サンクリーム
2020年7月9日(木) より「魔女工場」公式オンラインショップにて販売開始。

楽天公式ショップ:https://www.rakuten.co.jp/manyo-official/
Qoo10公式ショップ:https://www.qoo10.jp/shop/manyofactory

記者 : Kstyle編集部