BTS(防弾少年団) V、自作曲「Sweet Night」が103ヶ国で1位を記録…世界中でトレンド入りも

MYDAILY |

写真=BTS 公式Facebook
BTS(防弾少年団)のVの自作曲「Sweet Night」が、103ヶ国のグローバルiTunes「トップソング」チャートで1位になるという歴史的な記録を立てた。

これは、K-POPはもちろん、世界の男性ソロアーティストとして初めてで、最高の記録である。現在、100ヶ国以上で1位になったソロアーティストは、イギリスの歌手アデル(102ヶ国)だけである。

今年5月、8年間にわたって破られなかったPSY(サイ)の「江南スタイル」(86ヶ国)の1位の記録を越えて、世界中のファンを驚かせたVの「Sweet Night」は、103ヶ国で1位という史上最高の成果でK-POPの評判を一気にのし上げた。

K-POPソロアーティストとしてはPSYに続き、唯一アメリカとイギリスで同時に1位を獲得し、グローバルチャートに華麗にチャートインを果たした「Sweet Night」。7日午前にはジンバブエとバハマ、アンティグア・バーブーダを、8日午前にはグレナダ、ブルキナファソを1位の国家リストに追加し、103ヶ国で1位を獲得した。

Vはこれまで、「4 O'CLOCK」「Scenery」「Winter Bear」などの自作曲をSoundCloudで発表し、世界中の音楽ファンたちの愛を一身に受けてきた。SoundCloudに公開された曲のストリーミング回数だけで合計4億回を超える。

流麗なメロディーと叙情的な歌詞が特徴で、シンガーソングライターとしての力を積み上げてきたVは、親友パク・ソジュン主演のドラマ「梨泰院クラス」のOST(劇中歌)に参加し、MelOn、iTunes、Amazonなど、世界の各種音楽配信サイトで爆発的な人気を呼んだ。

MelOnはチャート改編以降、OSTで初のチャートイン順位1位、2020年にソロアーティストで初のチャートイン順位1位、男性アーティストで初の英語の歌詞の曲で1位、BTSのメンバーの中でフォロワー数1位など、各種記録を席巻した。

iTunesでは「トップソング」チャートの男性ソロアーティストにおける最多国1位をはじめ、アメリカとイギリスで同時1位、ワールドワイド1位、ヨーロッパ1位、トップ40のミュージックビデオチャート1位、アラブでの記録を総なめするなど、圧倒的な歩みを見せた。

ビルボードでは、デジタルソングセールスチャートの2位にランクインして、BTSがPSYと共にチャート順位TOP3に名前をあげた唯一のK-POPアーティストとして記録されており、ハンガリーのシングルチャートでK-POPソロアーティストとして初の1位、イギリスのオフィシャルビッグトップ40チャートにもK-POPソロアーティストとしてはPSYに続いて唯一チャートインを果たした。

また、グローバルファンたちがあげた「#FirstSoloistV」が、ワールドワイドリアルタイムトレンドで1位になり、Vの素晴らしい記録を世界中が祝った。

写真=World wide real time trend
特にVが高い人気を集めている日本では、iTunesの「トップソング」チャートの2位にランクインしたが、これは現地発売曲ではなく、K-POPソロアーティストの韓国発売の音源では最高の記録である。

日本の経済紙「東洋経済」が、ドラマ「梨泰院クラス」の人気の要因の1つとして、OSTの選曲とラインナップを挙げ、「劇中の心情に合わせた『孤独と癒し』を表現した楽曲がOSTにそろい、K-POP界の絶対王者BTSのVのソロ最新曲も提供されている」と報道して、「VがOSTに参加し、全世界のK-POPファンを引き込んだ」と評するほど、日本でドラマとOSTの人気は絶大だった。

熱い人気を受けて、日本では8月26日に「 梨泰院クラス」日本版OSTが正式発売される予定である。

BTS(防弾少年団) V、自作曲「Sweet Night」が90ヶ国で1位を記録…ドラマ「梨泰院クラス」で人気に

BTS(防弾少年団) Vにラブコール?韓国の文化財庁がナレーションのボランティアを募集「協力してくれたら嬉しい」

記者 : ヨ・ドンウン