VICTON、オンライン公演「Mayday」の練習風景を公開…ステージに期待高まる

OSEN |

写真=Play Mエンターテインメント
オンタクト(オンラインでファンとつながりコミュニケーションをとる)公演を控えているVICTONが、練習中のビハインドカットをサプライズ公開して、雰囲気を盛り上げた。

所属事務所Play Mエンターテインメントは本日(7日)、VICTONのオンタクトライブ「Mayday」の鮮やかな練習現場のビハインドカットを公開し注目を集めた。

公演を控えて練習に取り組んでいるVICTONのメンバーたちの姿は、汗と情熱いっぱいの現場をそのまま伝えた。また、練習中のメンバーたちの様子は、普段のステージ上のカリスマ性とギャップのある魅力で、公演に対する期待を引き上げた。

VICTONは7月12日にオンタクトライブ「Mayday」を開催する。6月、ファンたちから好評を受け2ndシングル「Mayday」の活動を終えたVICTONは、オンタクトライブ公演でいち早く世界のファンたちの元を訪れて、積極的にコミュニケーションする。

特にVICTONは、1日から「New World」「#Begin Again」「Farewell」をはじめ、スペシャルステージであるハン・スンウ、ト・ハンセ、チョン・スビンの自作曲、カン・スンシク、イム・セジュンのカバー曲まで、セットリスト公開のリレーを続けていきながら公演のカウントダウンに入り、ファンとのときめき溢れる出会いを予告している。

VICTONのオンタクトライブ「Mayday」は、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」生中継を通じて、約2時間の公演をグローバルファンたちにリアルタイムで伝える。華やかなVICTONのパフォーマンスはもちろんスペシャルステージまで、さまざまなイベントでファンたちにより一層特別な思い出を届ける。

昨年、大々的なアジアツアーと今年初めの韓国初の単独コンサート「New World」を盛況裏に終え、最近6thミニアルバム「Continuous」から2ndシングル「Mayday」まで、アルバム活動で活躍を続けているVICTONが、オンタクトライブを通じてどんな新しい姿を披露するのか、K-POPファンの関心が高まっている。

記者 : シム・オンギョン