ソン・ジュンギ&チョン・ヨビン、新ドラマ「ヴィンチェンツォ」への出演を前向きに検討中…共演に期待

Newsen |

ソン・ジュンギとチョン・ヨビンが、tvN新ドラマ「ヴィンチェンツォ」への出演を検討している。

ソン・ジュンギの所属事務所HISTORY D&Cは7月2日、Newsenとの取材で「ソン・ジュンギが『ヴィンチェンツォ』への出演を検討している」と明らかにした。

「ヴィンチェンツォ」は、KBS 2TV「キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~」「熱血司祭」などを手掛けたパク・ジェボム脚本家、MBC「カネの花~愛を閉ざした男~」、tvN「王になった男」などを演出したキム・ヒウォン監督がタッグを組んだドラマだ。

ヒロインは女優チョン・ヨビンになる見込みだ。tvNは、Newsenとの取材で「チョン・ヨビンにも出演のオファーをしたのは事実だ。出演を前向きに検討している」と説明した。

ソン・ジュンギが出演を確定した場合、昨年9月に韓国で放送が終了したtvN「アスダル年代記」以来1年ぶりにドラマ復帰することになる。

当初、ソン・ジュンギは今年の下半期クランクイン予定だった「アスダル年代記」シーズン2への出演を検討したが、新型コロナウイルスにより、シーズン2がクランクインするかどうかが不透明になり、新しい次回作を探してきた。彼が撮影を終えた映画「勝利号」は、今年の夏に公開予定だったが、新型コロナウイルスにより公開が延期となった。撮影中だった映画「ボゴタ」も、コロンビアのロケ撮影日程が来年に持ち越された。

記者 : ファン・ヘジン