BTS(防弾少年団)の歴史が論文に!ハーバード大学経営大学院が成功の秘訣を分析

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメント(代表:パン・シヒョク、以下Big Hit)とBTS(防弾少年団)のグローバルな成功事例を分析したハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)のレポートが公開された。

6月26日(現地時間)、ハーバード大学経営大学院のアニータ・エルバース教授とそのチームは、Big HitとBTSの成功要因を分析したケーススタディをハーバード・ビジネスレビュー(Harvard Business Review)オンラインストアに公開した。

「Big HitとブロックバスターグループBTS:全世界に飛躍していくK-POP(Big Hit Entertainment and Blockbuster Band BTS:K-Pop Goes Global)」というタイトルの今回のケーススタディでは、BTSを「全世界で数百万人のファンの支持を得た、真のスーパースター」「アメリカ市場を含め、全世界で類を見ない成功を収めた20代の男性7人グループ」と紹介した。また「曲のほとんどが韓国語で制作されているという点で、驚くべき業績だ」と分析した。

22ページの報告書で研究チームは、BTSの成功とそれを支えたBig Hitの事例をもとに、「K-POPがスーパースターを作る方法」を分析し、Big HitとBTSの初期から現在までの歴史を説明した。特に研究チームは、Big Hitがアーティストを育てるトレーニングシステムと、大胆な投資の決定プロセスに注目した。

研究チームは、パン・シヒョク代表をはじめ、Big Hitの関係者とのインタビュー内容を引用して、「Big Hitのトレーニングプログラムは、まるで大学の授業のような形であり、個々の練習生と議論して、最適なスケジュールを追求している。自律性の尊重とシステムの効率というバランスの中で、最適な方法を見つけるために努力している」と紹介した。また「どんな音楽が好きか、どのように望む音楽を作ることができるのか教育するため、音楽鑑賞の過程もトレーニングプログラムに含まれている」と説明した。

さらに研究チームは、BTSの成功をアニータ・エルバース教授の「ブロックバスター法則」により分析し、説明している。その他にもアーティストの意思決定権を尊重するBig Hitの契約形態と、他のジャンルと比べてはるかに関与度が高く、情熱的なK-POPファンについても紹介した。

今回のケーススタディは、昨年8月に研究者がソウルを訪問して始まり、アニータ・エルバース教授の講義の教材として今後使われる予定である。

BTS(防弾少年団)の成功の秘訣は?Big Hitパン・シヒョク代表が告白「時代を語るメッセージが大衆に確信を与えた」

BTS(防弾少年団)、日本オリジナル曲「Stay Gold」MV再生回数が5000万回を突破…公開から5日で快挙達成

記者 : ファン・ヘジン