日本の芸能界からもファン続出!男性もどハマりするドラマ「梨泰院クラス」の魅力

KSTYLE |

写真=JTBC
ステイホーム期間を経て、まだまだ外出を控えがちな今日この頃、自宅で映画やドラマを楽しむ人が多いだろう。NETFLIXにて配信中の『梨泰院(イテウォン)クラス』は、これまで韓国ドラマを観てこなかった層、特に男性ファンを多く得た稀有な作品だ。

『梨泰院クラス』は本国韓国のケーブル局にて、2020年1月から3月の時期に放送され、日本ではNETFLIXにて3月28日より配信が開始。同じく韓国ドラマの『愛の不時着』と共に、6月末現在までランキングTOP10入りしており、大きな注目を集めている。これまでの韓国ドラマの多くの視聴者は女性だったが、『梨泰院クラス』は男性にファンが目立つのが特徴で、Twitter等でも「初めて韓国ドラマみたけど面白すぎる」「梨泰院クラスの展開がアツすぎて、一気見してしまった」など“どハマり”したという意見を見ることが出来る。


「梨泰院クラス」予告映像

全16話の中で様々なドラマが描かれるのであるが、大まかに分けて

* 漫画原作ならではの息をつかせぬストーリー展開
* 主人公パク・セロイの圧倒的に魅力的なキャラクター
* 甘すぎない恋愛模様画一的では無い人間描写

という要素が、これまで韓国ドラマを観てこなかった男性視聴者を惹きつけているのでは、と考える。CSの韓国ドラマチャンネルや、DVDでの視聴がメインとなり、相当なヒット作品で無い限り地上波で放送されることの無い韓国ドラマ。それがNETFLIXで配信されたことにより、「ウォーキング・デッド」や「ゲーム・オブ・スローンズ」といったハリウッドドラマと同じノリで、多くの視聴者を獲得しているのもあるだろう。


1話観れば、完走必至なアツいストーリー展開

チョ・グァンジンInstagram
本作のストーリーは「大都市ソウルの中でもひと際ホットな街で、小さな飲み屋を開店させた前科者の青年とその仲間たち。成功をつかむため、大物相手に無謀ともいえる戦いを仕掛ける。(NETFLIX公式サイトより引用)」。

韓国では単行本や雑誌で読むよりも主流となっているWEB漫画。『梨泰院クラス』の原作もWEB漫画であり、日本版は『六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~』として配信されている。

『梨泰院クラス』のヴィジュアルを見た人がまず最初に思う、主人公パク・セロイの“いがぐり頭”もコミックを忠実に再現している故なのである。また、ドラマの脚本を漫画の原作者チョ・グァンジン氏が直接手がけているのも特徴的で、韓国の競争が厳しいWEB漫画業界を勝ち抜いてきた読者を飽きさせないストーリー展開がドラマにもそのまま活かされている。

パク・ソジュンInstagram
第一話はパク・セロイの高校生時代からスタートし、最終目的である「巨大飲食チェーンの長家」を潰すことが出来るのか? という、約15年ほどの物語でありながら、小気味良いテンポでサクサク進んで行くため、第一話を観たらそのまま一気に完走してしまった……というのもの納得の面白さなのである。

また、「強い信念を持つ青年が、汚れた大企業を相手にする復讐劇」というストーリーから、日本の大ヒットドラマ『半沢直樹』と似た痛快さがあると評される『梨泰院クラス』。筆者個人的な意見としては、伏線回収の気持ち良さ、最初は弱い立場にいた主人公が上り詰めていく様子は『半沢直樹』に近いと感じながらも、『梨泰院クラス』の方が漫画原作でありながら、漫画的過ぎないリアルな描写が素晴らしいと思った次第である。


理想の上司No.1?主人公パク・セロイの魅力

写真=JTBC
ストーリーの魅力を語る過程で一部紹介しているが、主人公のパク・セロイは高校を退学し、殺人未遂の逮捕歴を持つ複雑な過去を持つ青年である。しかし、誰よりも強い信念と将来へのヴィジョンを持ち、夢を実現させていく。人の痛みに寄り添う事ができ、仲間想いで誰よりも人望が厚く、関わった人々に大きな変化をもたらす。居酒屋「タンバム」を開業してからは特に、従業員たちへの接し方やかける言葉の一つ一つが見事で、抜群のリーダーシップを発揮している。彼の言動は“理想のリーダー”そのものであり、「こんな上司いたらなあ」「こういう男になりたい!」と願う人も多いであろう。

パク・セロイを取り巻く主要キャラクターはいずれも個性的で、母に捨てられた過去を持ち何よりも成功に貪欲なスアと、IQ162の天才少女でインフルエンサーでありながら人の気持ちが分からないイソという女性キャラクターはいずれも現代的。2人とも賢く、美しく、バリバリと働く女性であるがセロイとの関わり方は対照的。物語の中でセロイと同じく、どの様に成長していくのかも見所の一つ。

「梨泰院クラス」予告映像キャプチャー
その他にも、セロイと同じく前科持ちのスングォン、トランスジェンダーのヒョニ、親から正しい愛情を受けられず歪んでしまったグンウォン 、自身のルーツに翻弄されるトニーなど、様々な悩みやバックボーンを持つキャラクター達が登場する。「梨泰院」は東京でいうと六本木の様な国際色あふれる街であり、登場人物からも多様性を見ることが出来る。が、それぞれの描き方が決して押し付けがましくなく、軸となるストーリーを追いながら、出てくる全てのキャラクター達に魅力を感じるという絶妙な演出なのである。


超イケメンなのに、ハイスペなのになぜか嫌味じゃない!キャスト陣の演技のパワー

写真=JTBC
パク・セロイを演じたパク・ソジュンは現在31歳。身長185cmのスタイルとその見目麗しいヴィジュアルで数々のドラマや映画に出演してきた人気俳優だ。先にも書いたとおり、本作は漫画原作のヴィジュアルを踏襲しており、超美形であるパク・ソジュンがあのいがぐり頭に変身。逆に言えば、パク・ソジュンでなければ、あのいがぐり頭が格好良く見えないのであるが……。現在31歳の彼が高校生から自身と同世代役を、おなじヘアスタイルで演じているのもすごいし、ほんの些細な表情で、パク・セロイの強さ、弱さ、怒り、悲しさ、可愛げを表現しているパク・ソジュンの演技力は素晴らしい。

「梨泰院クラス」予告映像キャプチャー
また、イソを演じたキム・ダミも、弱冠25歳でありながらドラマ・映画顔負けの人生を歩んでいる。大学4年生の時に受けたオーディションで1/1500の倍率で映画『The Witch/魔女』(2018)の主役を射止めたというまさに“スター”で、本作でもスター性のある女性イソを熱演している。パク・セロイの大きな手助け……いや、パク・セロイをのし上げる大きな役割を持つイソを、可愛らしく、時には憎たらしく演じることが出来るキム・ダミの魅力は計り知れない。

同じくパク・セロイにとって重要な人物である、スアを演じたクォン・ナラ。パク・セロイの初恋の相手であり、憎むべきライバルである「長家」の社員という難しい役柄を好演。このスアは少し間違えば、かなり嫌味になってしまうキャラクターだが、クォン・ナラの凛とした演技が成功している。

アン・ボヒョンInstagram
そして、本作のヒールとなる「長家」会長のデヒと、デヒの息子であり、パク・セロイに愚行の限りを尽くすグンウォンの存在も忘れてはならない。パク・セロイは2人への復讐=打倒「長家」に燃えるわけだが、飲食店に関する知識はデヒ会長の本などから学んでおり、その才能を認めている。一方のデヒ会長もパク・セロイを疎ましく、憎く思いながらもパク・セロイの言動が気になって仕方がない。そんな、複雑な敵対関係も物語に深みを与えており、“バカ息子”代表といったキャラクターであるグンウォンも、父親の支配下で屈折してしまった事や、恋愛に対しては一途である面が何とも憎めない存在なのである。


真似したくなる!韓国リアルファッション

パク・ソジュンInstagram
ストーリーの他にも魅力ポイントして上がるのがキャストたちの若者ファッションだ。
パク・セロイのパーカーやダウンコートのカジュアルファッションは、着こなしの参考になるはず。後半になるにつれてシックになっていく服装も、一人の青年が飲食チェーンのCEOまで上り詰めていく成長物語にスパイスを与えている。

キム・ダミInstagram
イソのスパイスの効いた小物使いが生きるパンツスタイルや、スアのコンサバすぎないキャリアウーマンスタイルも、今すぐ真似したくなるオシャレさだ。「梨泰院クラス ファッション」で検索すると、イソとスアの着用アイテムが特定されており、ZARAなど取り入れやすいブランドから、韓国の注目ブランドを知る事も出来るのでチェックしてみてはいかがだろうか。

筆者個人的には、冬は極寒となる韓国での防寒と可愛さを兼ね備えたコーディネートが非常に参考になった。


爽やかなメロディで心情を表現!ドラマを彩る音楽たち

写真=JTBC
このドラマのヒットには、音楽も欠かせないポイントではないだろうか。「復讐劇」という重いテーマでありながら、ドラマの印象をグッと軽やかにしているのが劇中音楽の存在だ。

重要なシーンで流れる、シンガーソングライターのGahoによる「Start」はタイトルのとおり、次々と新しいことをはじめ、前に進んでいくパク・セロイの心情を表している様な爽やかなナンバー。


Gaho「Start」

さらに、韓国屈指のロックバンドGUCKKASTENのボーカルハ・ヒョヌが歌った「石ころ」も欠かせない。『梨泰院クラス』の原作者で、ドラマの台本を執筆したチョ・グァンジン氏が自ら作詞に参加し、ハ・ヒョヌの圧倒的な歌唱力と力強い歌声、強烈なサウンドで物語を盛り上げていく。

BTS(防弾少年団)のVがプロデュースと歌唱を担当している「Sweet Night」は、アコースティックな楽曲で、Vの持つ柔らかな歌声が心地良い。ユン・ミレが歌ったバラード「Say」も切ない気持ちや強い愛を表現し、絶妙なタイミングで恋愛模様を彩っている。


VERIVERY「With Us」

アイドルグループVERIVERYが歌う「With Us」やKimFeelの「Somedeay, The Boy」もまた、主人公たちの切ない心情を表し、欠かせない1曲になっている。その他の曲たちも、主張しすぎず物語を盛り上げてくれる。


セロイのモノマネも続出!日本の芸能界も夢中

「梨泰院クラス」予告映像キャプチャー
そして『梨泰院クラス」の盛り上がりを後押ししているともいえるのが、日本の芸能界に広がる“梨泰院クラスファン”たちだ。

DA PUMPのメンバーTOMOが「梨泰院クラスについてだけ語るZoom飲みやりたい」とツイートしたり、音楽番組「CDTV」でもその魅力について言及。GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太がパク・セロイ風カットを披露するなど、音楽業界でも注目を集めている。

千鳥 ノブからEXIT りんたろー。まで…ドラマ「梨泰院クラス」に夢中!?ユニークなSNSが話題に

芸人たちからの熱烈な声も多く、千鳥のノブは度々テレビ番組でも紹介し、Instagramに「キム・ダミさんファンです」と手描きのファンアートを投稿。EXITのりんたろー。とNON STYLEの井上はブログにアツい想いを綴っている。特に、りんたろー。の投稿は自身が梨泰院のクラブや飲食店を訪れた思い出も書かれているのが興味深い。



そして、片寄涼太の様にパク・セロイの真似をする芸人も続出。「ババ・セロイ」と自分の名前を文字ったロバートの馬場や、「髪が足りなかった」とオチをつけたトレンディエンジェルの斉藤など個性豊かなセロイ風写真を見ることが出来る。

ストーリー、キャスト、音楽、ファッション……と魅力をあげればキリが無い梨泰院クラスだが、美味しそうな韓国料理の数々が登場することも見逃せない。本作を楽しんでいる時、楽しんだ後、必ず韓国料理が食べたくなるので深夜の鑑賞は要注意だ。

ライター:中村梢

「梨泰院クラス」
出演:パク・ソジュン、キム・ダミ、ユ・ジェミョン
原作・制作:キム・ソンユン、チョ・ガンジン

Netflixで配信中:https://www.netflix.com/jp/title/81193309

記者 : Kstyle編集部