イ・ユリ、新ドラマ「嘘の嘘」スチールカットを公開…緊迫感漂う表情の理由は

MYDAILY |

写真=レモンレイン
イ・ユリがチャンネルA新ドラマ「嘘の嘘」(脚本:キム・ジウン、演出:キム・ジョングォン)で大胆な演技変身を披露する。

9月に韓国で初放送される予定の「嘘の嘘」は、養子になった実の娘の継母になるため、偽りの恋を始める女性の物語を描くサスペンスラブストーリーだ。

イ・ユリは劇中、財閥家の嫁から一瞬にして夫を殺害した殺人者になったチ・ウンス役を演じる。刑務所で産んだ子供が養子縁組にされた事を知って、継母になるため偽りの恋も辞さない切実な母性を披露する予定だという。

公開されたスチールカットには、財閥家の嫁の姿とは思えないビジュアルだ。古いカーキ色のジャンバーと、帽子からパンツまでオールブラックファッションはおしゃれとは程遠く、まるで視線を避けようとするようなスタイルだ。

みすぼらしい衣装の彼女は、町はずれの古い建物で固く閉ざされているガラスの窓を叩きながら誰かを切実に探していて、どんな事情を抱えているのか好奇心を刺激する。それに周りの視線を意識しているような表情を見せ、緊迫した状況が発生したことを暗示する。

専売特許の悪女の演技で幅広い演技スペクトルを誇示するイ・ユリが「嘘の嘘」では、前作とは差別化された演技変身に挑戦するという。公開されたスチールカットから感じられる彼女だけの演技オーラがどのように発散されるのか、関心が高まる。

一方「嘘の嘘」は韓国で9月に放送される。

記者 : チョン・ジヒョン