「家族です」チョン・ジニョン、チョ・ワンギが交通事故の被害者であることを告白

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=tvN「(知っていることはあまりないけれど)家族です」キャプチャー
チョン・ジニョンがチョ・ワンギの正体を明かした。

韓国で6月30日に放送されたtvN月火ドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です」第10話では、キム・サンシク(チョン・ジニョン)が家族に息子のヨンシク(チョ・ワンギ)を紹介する姿が描かれた。

この日、キム・サンシクはヨンシクと彼の息子ヨンギュを家に連れてきた後、家族に「僕たちみんな家族だから、顔は知っておいた方がいいと思う」と慎重に語り始めた。「僕が一生、2つの家を行き来しながら生きてきたようだ。記憶が戻って、1人でずいぶん悩んだ。母にだけ知らせようと思ったが、あなたたちも父親がどんな人か知るべきだと思った」と打ち明けた。

さらに「僕があまりにも大きな罪を犯し、この年になるまで家族という理由でよく弁明して暮らしていた。どうか僕の話を最後まで聞け。あなたが考えるようなものなら、むしろましだ。94年の夏を覚えているか。扇風機を買って急いで子供たちに会いに来ていた途中、誤ってある子供を轢いた」とヨンシクにあったことを告白した。

1994年に交通事故を起こしたサンシクは自分の境遇のため通報もできず、ヨンシクを病院に連れて行った。その後、体が不自由になったヨンシクの面倒を見てきた。サンシクは、ヨンシクとその息子ヨンギュまで「責任を負って、一緒に暮らす」と宣言した。

これに対し、ヨンシクは「おじさんは本当にやるべきことは全てやった。サッカーもやらせてくれたし、お小遣いもくれた。本当に貰うだけもらって暮らした。工場の仕事もすべて面倒を見てくれたし、結婚して子どもを産むことまで全部見てくれた」と話した。しかし、サンシクは「監獄に行くべき罪を犯して、それくらいもしなければ人間でもない。法律がどうなっているか分からないが、僕は一生責任を負うべきことだと思う」と意志を曲げなかった。

記者 : チェ・スンへ