SUPER JUNIORからStray Kidsまで、豪華14組がオンラインコンサート「WORLD IS ONE」に出演…7月9日に生中継

TVREPORT |

写真=MBC
新型コロナウイルスに立ち向かうためのK-POPグローバルドネーションコンサートが開催される。

K-POPグローバルドネーションコンサート「WORLD IS ONE」が、7月9日の午後7時にMBC MとNAVER TV、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」(海外)を通じて生中継される。新型コロナウイルスの拡散で厳しい環境に置かれている世界中の人々に、K-POPを通じて癒しと希望を伝えるため、MBCとワールドビジョンが共同企画した今回のイベントは、SUPER JUNIORのイトゥクとOH MY GIRLのスンヒがMCを務め、MBC一山(イルサン)公開ホールで開催される。

「WORLD IS ONE」は、新型コロナウイルスによってソーシャルディスタンスを保たなければならない現在の状況に合わせて、アンタクト(untact、非対面)画像連結方式を活用したオンラインコンサート形式で、世界の視聴者のもとを訪ねる。単純な観覧を超え、コンサートが行われる間、観客たちは携帯電話のメッセージを通じてワールドビジョンに寄付することができ、別途海外ファンのための寄付方法も設けられる。K-POPを通じた癒しの時間と映像、メッセージによる応援、寄付を通じて世界を一つにつなげる超大型プロジェクト「WORLD IS ONE」が実現する。

意義深い今回のコンサートには、K-POPを代表する14チームが出演する。SUPER JUNIOR、MAMAMOO、Stray Kids、SF9、April、N.Flying、OH MY GIRL、宇宙少女、KARD、ハ・ソンウン、Heize、ヒップホップガールZ、Play Idolと共に世界的なジャズミュージシャンであるナ・ユンソンが音楽と共に新型コロナウイルスに打ち勝つための応援のメッセージを伝える。

これまで「遊ぶなら何する?-お部屋コンサート」「We Believe 私たちが希望です」などを通じて国民に癒しと希望を伝えてきたMBCは、今回の「World is ONE」コンサートを通じて、韓国を超えて世界に癒しを与えるK-POPの力を伝えると期待されている。

放送中に送られた募金は、国際救護開発機構ワールドビジョンに寄付され、世界の恵まれない人々の新型コロナウイルス感染を予防し、貧困と不平等から抜け出させるために使われる予定だ。

記者 : イ・ミンジ