ASTRO チャ・ウヌ主演、ドラマ「トップマネジメント」10月2日よりTSUTAYA先行レンタル&DVD発売決定(動画あり)

KSTYLE |

(C)STUDIO329
アイドル×マネージャーの青春ラブコメディ「トップマネジメント」が、10月2日よりTSUTAYA先行レンタル開始&DVD-BOX発売が決定した。

「トップマネジメント」は、活動に限界を感じ始めたアイドルのヨヌ、裏方希望ながら表舞台に立つことになったスヨン、アイドルをあきらめたマネージャーのウンソンの3人が、お互いの立場を思いやりながら仲間として夢を追いかけていく姿と、その中で生まれるプラトニックな三角関係の恋、さらにイケメン2人のブロマンス(男同士の友情)まで胸キュン必至のエピソード満載の青春ラブコメディ。

韓国初のYouTubeドラマとして制作された「トップマネジメント」でヨヌ役を演じたのは、ASTROのメンバーで、「私のIDはカンナム美人」をはじめ多くのドラマに俳優として出演しているチャ・ウヌ、スヨン役には「30だけど17です」や「浪漫ドクターキム・サブ2(原題)」 などで話題作への出演が続く期待の若手俳優アン・ヒョソプ、2人と共に夢を追いかけるマネージャー・ウンソン役を「黄金の私の人生」の熱演などで新進女優として存在感を発揮しているソ・ウンスが好演し話題となった。

(C)STUDIO329
世界的な人気を誇るK-POPの世界を舞台にしており、日本でも認知度の高いオーディション番組や、バラエティ番組、K-POP用語の解説、K-POPアイドルとファンの独特な関係性や、なかなか知ることのなかった芸能事務所の仕組み、アイドルを売り出すための戦略や、危機管理の仕方まで、K-POPや芸能界に興味のある人にはたまらないネタがちりばめられており、ドラマファンならずとも楽しめる内容となっている。

さらに、OST(劇中歌)にはドラマの舞台でもあるK-POP界で活躍するSUPER JUNIOR、GOT7など超豪華なアイドルが参加している。また、現役アイドルであるチャ・ウヌのステージングや、ラップバトル番組「高等ラッパー」に出演したパン・ジェミンのラップにも注目が集まるなど、高い音楽性をもつ音楽ドラマとしても楽しむことができる。

夢に向かってがむしゃらに走る若者たちの姿と、胸キュンの淡い恋心を描いた青春ラブコメディ「トップマネジメント」。ラブコメファン、K-POPファンはもちろん、夢に向かって走っている方、かつて夢を追いかけていた方もぜひ見てほしい。



■作品情報
「トップマネジメント」
【TSUTAYA先行レンタル】
16話/全8巻/各巻本編各2話 Vol.1~8 2020年10月2日(金)
特典映像:メイキングPart1~7

【セル】
DVD-BOX 全1BOX/16話/全8巻 ¥14,400+税
BOX(第1話~16話) 2020年10月2日(金)
封入特典:ブックレット(8P) 予定
特典映像:メイキングPart1~7、MV&撮影風景、“S.O.U.L ”密着取材!、K-POP史講座、ポスター撮影(予定)

発売元:「トップマネジメント」パートナーズ
販売元:【セル】TCエンタテインメント 【レンタル】PLAN Kエンタテインメント
製作年:2018年 製作国:韓国 仕様:カラー/16:9/ドルビーデジタル2.0chステレオ/日本語字幕/韓国語音声
※商品デザイン、仕様は変更になる可能性がございます。

【出演】
チャ・ウヌ(チョ・ヨヌ役) 「新米史官ク・ヘリョン」「私のIDはカンナム美人」
アン・ヒョソプ(ヒョン・スヨン役)「30だけど17です」「浪漫ドクターキム・サブ2(原題)」
ソ・ウンス(ユ・ウンソン役)「黄金の私の人生」「嫉妬の化身」「浪漫ドクターキム・サブ」
チョン・ユアン(イ・テオ役)「ここに来て抱きしめて」「七日の王妃」
パン・ジェミン(チャン・イリプ役)

演出:ユン・ソンホ 「青春はちゃめちゃコメディ アイドル代行します!」、パク・ジェミン
脚本:キム・ジョンヒ、イム・ジョンミン、ユ・スジ、パク・スルギ

<あらすじ>
幼い頃から歌手の夢を育んできたウンソン(ソ・ウンス)は不運な事件がきっかけで夢をあきらめるようになる。その後ウンソンは、国内屈指の芸能プロダクション“スターライト”の現場マネージャーとして入社することに。自分のデビューを霧散させた主犯であり、解散寸前の男性アイドルグループで、モンゴルから来た“気配りゼロ”の天才ミュージシャンのスヨンを受け入れた新生“S.O.U.L”を担当することに。ひねくれ、まとまりのないS.O.U.Lのメンバー達に頭が痛くなるウンソンだが、完璧な容姿を活かし俳優としても活動するヨヌに、にこやかに微笑みかけられ思わずときめいてしまう。グループを成功させるために、時にぶつかり時に励まし合うウンソンと、ヨヌ、スヨンのプラトニックな三角関係の行方は……?

■関連サイト
公式サイト:https://culture-pub.jp/top_manegiment/

記者 : Kstyle編集部