キム・イングォン、新ドラマ「哲仁王后」に出演決定…シン・ヘソンと2度目の共演

Newsen |

写真=YNKエンターテインメント
俳優キム・イングォンが、tvN新ドラマ「哲仁(チョルイン)王后」への出演を決めた。

キム・イングォンは今年、ドラマ「謗法」「契約友情」、そして「熱血刑事」などに出演し、精力的に活動している。さらに今回、tvN新ドラマ「鉄人王后」の出演まで決定し、いつにも増して忙しい一年を送っている。

「哲仁王后」は、現代を生きる自由な男性チャン・ボンファンの魂が、朝鮮時代の宮廷内に居る王妃キム・ソヨン(シン・ヘソン)の体の中に閉じ込められて繰り広げられる、フュージョン時代劇コメディだ。キム・イングォンは、劇中で中人(朝鮮時代の身分で、ヤンバン (両班)と平民の間の身分)出身の宮廷料理専門家、待令熟手(テリョンスクス)マンボクに扮する。レシピに口出しする王妃のソヨンと口喧嘩をしながらケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露する中心人物として活躍し、劇のテンションを一段と盛り上げる。

キム・イングォンとシン・ヘソンの共演は、今回が2回目となる。KBS 2TV「ただ、一つだけの愛」で、それぞれ大天使フとバレリーナのイ・ヨンソを熱演し、息を合わせた。キム・イングォンは、シン・ヘソンとINFINITE エルの橋渡し役として活躍したことはもちろん、2人を守るために自ら消滅を選ぶ自己犠牲の精神を発揮するなど、見る人を感動与える熱演で涙を誘った。

また今年上半期に韓国で放送され好評を博したtvN「謗法」では、興信所の代表キム・ピルソン役に扮し、圧倒的な存在感を発散した。さらにKBS 2TV「契約友情」では、悩みを抱える若者たちに対し胸に響くメッセージを伝える文学教師ウ・テジョン役に扮し、ドラマの軸となるしっかりとした演技を披露した。さらに、キム・イングォンのコメディ演技の真髄を見せてくれた映画「熱血刑事」にも出演するなど、数多くの作品で活躍し、視聴者や観客を楽しませた。

「鉄人王后」はシン・ヘソン、キム・ジョンヒョン、ペ・ジョンオク、キム・テウらが出演を決めた作品で、放送時期を調整している。

記者 : ファン・ヘジン