NCT テヨン、学生時代の言動をめぐる悪質なデマ…再びSMがコメント「善処しない」

OSEN |

写真=イ・デソン
SMエンターテインメントが、NCTのテヨンをめぐる悪質なデマについてコメントを発表した。

24日、SMエンターテインメントは「テヨンの中学生時代の言動と関連し、ネット上に文章を投稿した当事者は自身を『被害者のために出た情報提供者』だと明かし、確認されていない一方的な主張と歪曲された内容を持続的に掲載してきました」と明かした。

続けて「テヨンは学生時代の誤った部分については、被害者に心から謝罪して反省しています。それにも関わらず、情報提供者は歪曲し、膨張された内容でテヨンを非難する一方的な主張を続けてきました。当社はこれを認知していましたが、情報提供者はテヨンの同級生で、中学生時代の友人および関係者への2次被害が懸念されていますし、テヨンも自身によって中学校の同級生らに被害が及ぶことを心配して、我慢しました」と述べた。

また、SMエンターテインメントは「しかし、歪曲された主張が繰り返されて広がり、テヨンはもちろん、テヨンの家族にまでプライバシーの侵害、人格の冒涜、名誉毀損などの深刻な被害が発生しており、これに対しては強力な法的対応を行います」とし「さらにこれと関連し、確認されていない内容を流布することはもちろん、拡大・再生産し、悪質な書き込みでテヨンとテヨンの家族の人格を冒涜するなど、明白な違法行為に対しても、善処せず強硬対応します」と付け加えた。

さらに「これ以上の被害が発生しないよう被害者、情報提供者をはじめ、テヨンの中学生時代と関連した全ての方々に対するデマの掲載や流布、悪質な書き込みの作成、プライバシー侵害など違法行為を止めていただくことをお願い申し上げます」とし「今回の件以外にも、これまで所属アーティストの保護のため持続的に行ってきたモニタリングと法的措置を強化し、違法行為については法的対応を続けていくことをお知らせします」と強調した。

NCT テヨン、学生時代にいじめに加担?疑惑にSMが公式コメント「記録資料はないが、過去の言動を反省している」

NCT 127、リパッケージアルバムで売上1位をキープ…世界中のチャートで1位を総なめ

【SMエンターテインメント 公式コメント全文】

こんにちは。SMエンターテインメントです。

最近、ネット上に流布されている所属アーティストのテヨンと関連した内容について、当社の立場を申し上げます。

テヨンの中学生時代の言動と関連し、ネット上に文章を投稿した当事者は自身を「被害者のために出た情報提供者」だと明かし、確認されていない一方的な主張と歪曲された内容を持続的に掲載してきました。

テヨンは学生時代の誤った部分については、被害者に心から謝罪して反省しています。それにも関わらず、情報提供者は歪曲し、膨張された内容でテヨンを非難する一方的な主張を続けてきました。

当社はこれを認知していましたが、情報提供者はテヨンの同級生で、中学生時代の友人および関係者への2次被害が懸念されていますし、テヨンも自身によって中学校の同級生らに被害が及ぶことを心配して、我慢しました。

しかし、歪曲された主張が繰り返されて広がり、テヨンはもちろん、テヨンの家族にまでプライバシーの侵害、人格の冒涜、名誉毀損などの深刻な被害が発生しており、アーティスト保護のため、これ以上寛大になることはできない状況になりました。

当社はテヨンと関連し、悪質な書き込みを引き続き掲載する場合、これ以上座視せず、情報提供者に対して名誉毀損などによる強力な法的対応を行います。

さらにこれと関連し、確認されていない内容を流布することはもちろん、拡大・再生産し、悪質な書き込みでテヨンとテヨンの家族の人格を冒涜するなど、明白な違法行為に対しても、善処せず強硬対応します。

また、これ以上の被害が発生しないよう被害者、情報提供者をはじめ、テヨンの中学生時代と関連した全ての方々に対するデマの掲載や流布、悪質な書き込みの作成、プライバシー侵害など違法行為を止めていただくことをお願い申し上げます。

当社は今回の件以外にも、これまで所属アーティストの保護のため持続的に行ってきたモニタリングと法的措置を強化し、違法行為については法的対応を続けていくことをお知らせします。

ありがとうございます。

記者 : チェン・ウヨン