チョン・ユミ&コン・ユ主演!映画「82年生まれ、キム・ジヨン」日本版予告映像&ポスターが解禁

KSTYLE |

(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
韓国で130万部突破! 日本でも社会現象を巻き起こしたベストセラー小説「82年生まれ、キム・ジヨン」を原作とし、韓国で大ヒットを記録した映画「82年生まれ、キム・ジヨン」が、10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開される。この度、本作の予告映像とポスターが解禁となった。

原作小説は、日本でも翻訳本が2018年12月に刊行されると共感の声が広がり、発売2日目にして重版が決定。大型書店で品切れが続出するほど異例の大ヒットを記録した。「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である“ジヨン”という名を持つ平凡な女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生を通し、女性の生きづらさを描いたこの原作を、チョン・ユミとコン・ユの共演で映画化。2人は映画「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エクスプレス」と、ヒット作での共演が続いており、本作では3度目の共演にして、初の夫婦役に挑戦。

監督は、短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨン。自身も2人の子を持つ母である彼女の繊細な演出は、現代女性の生きづらさを描いた原作を、多くの人々の心を震わせる物語に見事に昇華させた。

公開された予告映像では、新婚のジヨン(チョン・ユミ)と夫のデヒョン(コン・ユ)の、ある朝の出来事から始まる。どこの世界にもある、幸せに溢れた他愛ない日常……のようにも見えるが、この瞬間から少しずつ、女性であれば誰もが一度は感じたことのある“違和感”が確実に映し出されていく。時にコミカルに、子供時代、少女時代、そして成長した女性として、ジヨンの生きてきた時間が流れるが、その“違和感”が常につきまとってきたことがよく分かる。

そんなある日、夫が気づいたジヨンの異変……。「彼女の心はなぜ壊れてしまったのか」その言葉を堺に映し出される映像の数々は、これまでジヨンが1人で抱えてきた“痛み”が一気に溢れ出ていくかのようで、時折見せる、彼女の不安げで、それでいて必死な表情が心に突き刺さる。誰かの妻、母、そして娘として生きるジヨン。どうしようもない絶望を抱えながら、それでもなお笑顔を見せる彼女が出した答えとは?

またポスターでは、ジヨンを支えるかのように、彼女へと優しい眼差しを向ける夫・デヒョンの姿と、キャッチコピーの「大丈夫、あなたは1人じゃない」という言葉を、“誰か”へと投げかけているように見えるジヨンの姿が収められており、未来への希望を感じさせる仕上がりとなっている。

◆「82年生まれ、キム・ジヨン」日本版予告映像



■公開情報
「82年生まれ、キム・ジヨン」
2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:チョン・ユミ、コン・ユ、キム・ミギョン
監督:キム・ドヨン
原作:「82年生まれ、キム・ジヨン」チョ・ナムジュ著/斎藤真理子訳(筑摩書房刊)
原題:82년생 김지영

配給:クロックワークス
2019年/韓国/アメリカンビスタ/DCP/5.1ch/118分
(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

<あらすじ>
結婚・出産を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨン(チョン・ユミ)。常に誰かの母であり妻である彼女は、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。「疲れているだけ、大丈夫」と、夫のデヒョン(コン・ユ)にも自分にもそう言い聞かせる彼女だったが、ある日から、まるで他人が乗り移ったような言動をとるようになる。その時の記憶はすっぽりと抜け落ちている妻に、デヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられず、自ら精神科に相談に行くが、本人が来ないことには何も改善することはできないと言われてしまう。なぜ彼女の心は壊れてしまったのか。少女時代から社会人になり現在に至るまでの彼女の人生を通して、見えてくるものとは……。

記者 : Kstyle編集部