“音源買い占め疑惑を提起”Block B パクキョン、名誉棄損の疑いで検察へ送致…警察がコメント

Newsen |

写真=Newsen DB
Block Bのパクキョンが音源買い占めに関する虚偽事実流布の疑いで検察に送致された。

6月17日、ソウル城東(ソンドン)警察署によると警察は、パクキョンを虚偽事実の適示に伴う名誉棄損の疑いで、不拘束起訴意見で検察に送った。

パクキョンは昨年11月、自身のSNSに「僕もVibeのように、ソン・ハイェのように、イム・ジェヒョンのように、チョン・サングンのように、チャンドクチョルのように、ファン・インウクのように買い占めしたい」という書き込みを掲載した。実名が取り上げられた歌手6チームは、パクキョンを虚偽事実の適示に伴う名誉棄損などを含む情報通信網法違反の疑いで告訴した。

パクキョンはその後、入隊も延期し、警察調査に積極的に取り組んだ。

“音源買い占め疑惑を提起”Block B パクキョン、目的は入隊延期?疑惑を自ら釈明「本当に残念」(動画あり)

Block B パクキョン「夢見るラジオ」から降板…リスナーに最後の挨拶“再び会う日を期待している”

記者 : イ・ミンジ