「メイズ・ランナー」出演イ・ギホン、サラムエンターテインメントとの専属契約を締結

OSEN |

写真=「DAZED Korea」
ハリウッド俳優イ・ギホン(キー・ホン・リー)がサラムエンターテインメントとの専属契約を締結した。

本日(15日)、サラムエンターテインメントは「イ・ギホンは映画『メイズ・ランナー』シリーズで強烈な存在感をアピールし、ハリウッドを率いる韓国系俳優の一人として全世界の観客の注目を浴びている。多彩なフィルモグラフィーを積み重ね、安定した演技力を培ってきた俳優であるだけに、韓国だけでなくアジアでさらに活躍できるよう積極的に支援していく」と伝えた。

韓国系アメリカ人であり、ハリウッド俳優であるイ・ギホンは2011年にアメリカドラマ「ビクトリアス」でデビューし、ドラマと映画の両方でジャンルにこだわらず着実にキャリアを積んできた。

特に2014年のハリウッドの大作映画「メイズ・ランナー」で迷路の地図を完成させるランナーチームのリーダーで、明晰な頭脳を誇る韓国人ミンホ役を務め、ハリウッドの有名シリーズ映画の主演として存在感を放った。アメリカの芸能メディア「ピープル」誌が選定した「ハリウッドで最もセクシーな男性」にランクインするほど大衆的にも大きな人気を博した。

イ・ギホンは2017年に映画「ザ・メイヤー」に出演し、ハーバード大出身のアメリカの弁護士で、韓国の政界に入門する野望を持つスティーブ・ホン役として熱演し、韓国の映画ファンにも馴染みある俳優だ。今後韓国及びアジアでさらに本格的に活動の場を広げる彼次回作に期待が集まっている。

サラムエンターテインメントには5urprise コンミョン、クォン・ユル、キム・ソンギュ、ピョン・ヨハン、オム・ジョンファ、イ・ジェフン、イ・ハニ、チョン・ホヨン、チョ・ジヌン、少女時代 スヨン、チェ・ウォニョン、ハン・イェリらが所属している。

サラムエンターテインメントはチャリティーの団体グラビア、多様性ある映画のためのプロジェクトG-シネマ事業、環境キャンペーン「LET'S SAVE THE EARTH」など多彩な社会貢献活動を展開している。

記者 : ソン・ミギョン