YGヤン・ヒョンソク前代表、海外遠征賭博の疑いで略式起訴

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
検察が、数千万円台の海外遠征賭博の疑いを受けているYG ENTERTAINMENTのヤン・ヒョンソク前代表を略式起訴した。

14日、検察によると、ソウル西部地検刑事3部(部長検事:イ・ジェスン)は先月27日、ヤン・ヒョンソク前代表に対し賭博の疑いで略式命令を宣告してほしいと裁判所に請求した。

略式起訴は、公判手続きなしに略式手続きで処分を終わらせて起訴する方法だ。被告人または検事が略式命令に不服を申し立てた場合、7日内に正式裁判を請求することができる。

ヤン・ヒョンソク前代表は、米ラスベガスのカジノで2015年7月から2019年1月まで計7回にわたって、知人4人と共に計33万5460ドル(約3595万円)相当の賭博をした疑いを受けている。

ただしこれに先立って検察は、ヤン・ヒョンソク前代表が海外不正送金で賭博資金を受け取ったという外国為替取引違反の疑いについては在宅起訴をした。

記者 : イ・スンロク