ヤン・ジュンイル、セクハラ議論に発展した女性スタッフへの発言を謝罪「不快な思いをさせてしまい申し訳ない」

OSEN |

歌手ヤン・ジュンイルが、ライブ配信中の発言を謝罪した。

ヤン・ジュンイルは11日、自身のInstagramに英文で謝罪文を投稿し、「リブート ヤン・ジュンイル」のライブ放送中に問題となった発言を謝罪した。

まずヤン・ジュンイルは「3日、『リブート ヤン・ジュンイル』のライブ放送中、私の行動のせいで起きたすべてのことに心からお詫び申し上げます」と伝えた。

また「視聴者の皆様に不快な思いをさせた僕の発言だけでなく、私の発言がジェンダーバイアス(男女の役割について固定概念を持つこと)を考慮していなかったという点も十分承知しています。個人的に私はスタッフに僕の発言を謝罪しましたが、この機会に公開する形でも謝罪したいと思います」と重ねて謝罪の意を表した。さらに「私にもっとたくさんのことを期待していたはずのクイーンズとキングス(ヤン・ジュンイルのファン)にお詫び申し上げます」とつけ加えた。

ヤン・ジュンイルは3日「リブート ヤン・ジュンイル」のライブ放送中、女性スタッフに彼氏はいるのかと尋ねた。そして「選んでいる場合じゃない。新車を中古車の価格で買うことができる機会だ」と語り、議論を呼んだ。

これについて制作陣は「これまでの収録とは違って、ライブ用スマートフォンやタブレットでのみ進行したので、通常よりもリラックスした雰囲気になり、その過程で多くの方々が見ている場所に適していない会話が放送された。心からお詫び申し上げる」と伝えた。

そしてヤン・ジュンイルが、この発言に特別な意味を持っていないと謝罪したと伝えた。また「一部の視聴者が、一般人である制作陣をターゲットに悪質な書き込みを残した。制作陣は違法なキャプチャーと、批判を超えた悪質な書き込みに法的措置を取る」と明かした。

ヤン・ジュンイル、離婚・再婚説が浮上…噂を否定「事実無根」

ヤン・ジュンイル、ライブ配信中にセクハラ発言?思わぬ議論に…YouTube番組の制作陣が謝罪

【ヤン・ジュンイル Instagram全文】

I would like to express my sincere apology to everyone due to my behavior during my last live broadcast for <リブート ヤン・ジュンイル> on June 3rd 2020.

I am not only fully aware of my comments that have made the viewers uncomfortable, but also for the fact that my comments have not considered gender prejudice.

I have personally extended my apologies for my comments to my staff, and would like to take this opportunity to apologize publicly.

I would also like to extend my apologies to my Queens&Kings who would have expected more from me.

記者 : ソン・ミギョン