神話 ドンワン&イ・ユリら出演、映画「ソリクン」予告編を公開…出演者が自身の役柄を分析

Newsen |

写真=Little Big Pictures
神話(SHINHWA)のドンワン、イ・ボングン、イ・ユリが格別なケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露した。

ミュージカル映画「ソリクン」が、さまざまなキャラクターを“クン(あることを専門的・習慣的にする人を表す言葉)”に例えて紹介したキャラクター予告編を公開して、公開への期待を高めた。

まず純真なハクギュ役を務めたイ・ボングンは、演技初挑戦とは思えないほど完璧にキャラクターになり切って素晴らしい歌を披露し、「ソリクン」を充実した映画にする予定だ。

イメージチェンジで話題を集めたガンナン役を務めたイ・ユリは、自身の考えをしっかりと持ち、時代に流されない強靭な一面を見せた。

ハクギュの唯一の補助者で、グァンデペ(道化師の群れ)の長兄デボン役を務めたパク・チョルミンは、ベテランらしいユーモラスな演技を披露した。

ソリクンの一人娘チョンイを演じたキム・ハヨンは、若い年齢にもかかわらず堂々とした演技を披露し、現場にいた人々を感動させた。

また、見た目はみすぼらしいが、実態がわからない没落した両班(ヤンバン)役のドンワンは、観客に楽しさと爽快感を与える予定だ。

最後に忠臣の顔をしたキム・ジュン役のキム・ミンジュンは、グァンデペと対立しながら緊張感を高めるものとして期待されている。

俳優たちが直接伝えるキャラクター紹介とチョ・ジョンレ監督のコメントが、映画の中の人物に対する期待を高めた。

ミュージカル映画「ソリクン」は7月1日に韓国で公開される。 


記者 : パク・アルム