ヤン・ジュンイル、ライブ配信中にセクハラ発言?思わぬ議論に…YouTube番組の制作陣が謝罪

Newsen |

歌手ヤン・ジュンイルのセクハラ論議が浮上した中、「リブート ヤン・ジュンイル」側が謝罪文を掲載した。

10日、YouTubeチャンネル「リブート ヤン・ジュンイル」の制作陣は「3日にモッパン(食べる番組)ライブで言及された『中古車と新車で例えた発言』に関する悪質なコメントがついており、制作陣は、これに対する立場を表明しようと思う」という文を残した。

制作陣は「これまでの収録とは違って、ライブ用スマートフォンやタブレットでのみ進行したので、通常よりもリラックスした雰囲気になり、その過程で多くの方々が見ている場所に適していない会話がライブを通じて送出された。その点を心からお詫び申し上げる」と伝えた。

続いて「放送直後にヤン・ジュンイル先輩は、特定の性別に意味を置いていない発言だったが、誤解を招く余地がある発言であることを認知し、すぐに当事者に心から謝罪した。その後、当該発言に対する立場を表明する文章を直ちに公開しなかった理由は、一般人である制作陣が事件が拡大されることによって不要な誤解を招くことを望んでいなかったため、当事者の意見を尊重して、別途の記事を掲載していない。それにもかかわらず、ヤン・ジュンイル先輩は本日制作スタッフのオフィスを訪問して、改めてお詫びを言った」と明らかにした。

制作陣は「ヤン・ジュンイル先輩を含む我々制作陣は、今回のことについて残念に思っており、事前の準備が不十分だった点を改めてお詫び申し上げる。これからはもっと面白くて楽しさを与えることができるコンテンツを制作する制作陣になるよう努力する」と付け加えた。

3日の放送でヤン・ジュンイルは、女性制作陣に彼氏がいるかと聞き「せっかちな男、早くチャットで言ってほしい。選んでいる場合じゃない。新車を中古車の価格で買うことができる機会だ」と言ったという。この映像は現在、削除されている状態だ。

ヤン・ジュンイル、離婚・再婚説が浮上…噂を否定「事実無根」

ヤン・ジュンイル、斬新すぎる!?ドライブスルー方式のサイン会を開催し話題に

記者 : イ・ミンジ