SUPER JUNIOR ヒチョル&シウォンからBTS(防弾少年団) Vまで…アイドル界の人脈王6人の交友関係に注目

@STYLE |

写真=各事務所

いつからか韓国に吹き荒れているインサ(インサイダーの略で、皆の人気者という意味の新造語)ブーム。しかし、流行といっても誰でもなれるものではない。インサになるために備えるべき必須条件は、並外れたコミュニケーション能力と人付き合いの良さだ。この2つを完璧に満たしている“インサ力”最高のアイドルがいる。社交性に華やかな人脈までも備えた、インサの中でも”核インサ(とても大きいことを表す“核”+皆の人気者という意味の"インサイダー”を掛け合わせた新造語)”アイドル6人を紹介する。

BTS(防弾少年団) Vは、ステージ上の完璧な姿に加えて、キュートで一風変わった魅力でファンの心をつかむ、ギャップのある魅力の持ち主だ。彫刻のような並外れたビジュアルを持ち、人付き合いが良く、職業、性別、年齢を問わず華やかな人脈を誇る。同僚の芸能人だけでなく、知人の知人のように出会った小さな縁も続けていくコミュニケーション能力で、“キム袖振り合うも縁”というニックネームまでついた。KBS 2TVドラマ「花郎<ファラン>」で共演した俳優パク・ソジュン&パク・ヒョンシクとはお互いの家に行くほど親交が深い。またKBS「ミュージックバンク」で共演したことから親しくなったというパク・ボゴムとは、2人で旅行に行くほど親しい関係だ。Vの華やかな人脈の秘訣は、ビジュアルと同様に美しい人柄によるものだ。暇さえあれば、“美談自販機”が働き、さまざまなところからVの美談が絶えない。歌手ポール・キムは、音楽授賞式で、一人寂しそうに座っていた自分に近づいてきて、優しく気を配ってくれたVに感謝の気持ちを表した。また俳優ソン・ドンイルは、あるインタビューで親しい後輩や性格の良い後輩としてVに言及するほどだ。愛嬌だけでも心臓が痛くなるほどだが、人柄まで良いなんて、Vが持つ魅力の限界はどこなのだろうか。

“姉富者(姉が多い人)”Red Velvet イェリ。色白の肌とぷっくりとした頬、あどけない笑顔で愛されている。Red Velvetのメンバーとなり、グループで最年少だが、コミュニケーション能力においてはお姉さんたちにも負けていない。人懐っこく、Red Velvetのメンバーたちとも仲が良い。SM所属の先輩・後輩はもちろん、他の事務所のアイドルとも親交が深い。少女時代 テヨンとは、家に遊びに行って寝てしまうほど親しくしており、IUとは音楽的な交流をしながら親しくなったという。また、少女時代 ユナ、TWICE ナヨン、パク・ファニ、ハン・チェヨン、ハ・ヨンスら、お姉さんたちとも仲良くしており、“姉富者”というあだ名まで持っている。“モンムンミ(犬のように可愛らしい雰囲気)”いっぱいのルックスに類まれなコミュニケーション能力、さばさばとした魅力まで備えており、お姉さんたちからの愛を一人占めにしている。もちろん、お姉さんとだけ仲良くしているわけではない。イェリはあるラジオ番組で一番の親友として女優キム・セロンを挙げた。2人はかなり前から互いを“ソウルメイト”と話すほどの親友であり、韓国から海外まで合間を縫って旅行するほど深い友情を誇っている。その他にもAKMU イ・スヒョン、女優キム・ソヒョンら同い年の仲間とも格別な親交をアピールしている。歌手から女優まで、幅広い人脈を持つイェリの抜群のコミュニケーション能力はどこから出てくるのだろうか。彼女はインタビューで、広い人脈の秘訣について「私が好きな周りの人々に、心からただ愛だけをあげたいです」と伝えた。ラブリーなルックスに、本業の歌手での輝かしい活躍、真心で接する人間的な一面まで備えたイェリ。知れば知るほど魅力が溢れる彼女には、“姉富者”だけではなく、“魅力富者”というあだ名もつけたいくらいだ。

“ナムサチン(男友達)”のお手本SUPER JUNIOR ヒチョル。インサという言葉がここまで似合う人がいるだろうか。究極のコミュニケーション能力を見せている“アイドル界の人脈王”ヒチョル。キャラクターが強くて気難しいと誤解する人もいるが、それは誤っている。ヒチョルは“義理を除けば屍”という言葉を聞くほど人間的で男らしい一面を持ち、一度親しくなったら長く親交を保つタイプだ。デビュー当初からステージ、バラエティ、ラジオなどに出演して特有のコミュニケーション能力で多くの芸能人たちと親交を築き、義理堅い性格でまさに“宇宙大スター(ヒチョルのあだ名)”級の人脈を形成していった。俳優、タレント、歌手を問わず、芸能界で顔が広いことで有名だが、その中でも特に“ケミ(ケミストリー、相手との相性)”が良い“ヨサチン(女友達)”が多い男性アイドルとしても有名だ。少女時代 テヨンとは、感情の起伏が激しいという共通点から「キム・キボク兄妹」と呼ばれており、お笑い芸人キム・シニョン、AOA ジミン&ソリョンなどとも親交が深い。また約16年の付き合いのあるソン・ダムビは、男性と友情は成立しないと思っていたが、その考えを壊したのがヒチョルだと明かしている。優しくて人付き合いが良いが、異性の友達に決して線を超えることがないため、“ナムサチンのお手本”と呼ばれている。

グローバルな顔の広さを誇るSUPER JUNIOR シウォン。ヒチョルが韓国芸能界で顔が利くアイドルだとしたら、シウォンの人脈は世界的である。ハリウッド俳優、世界的な映画監督、有名な小説家まで、大作映画並みの人脈には驚いてしまう。シウォンは映画「インターステラー」の制作者リンダ・オブストとプライベートで会ったり、シャネルのチーフデザイナーだったカール・ラガーフェルドと仲睦まじく肩を組んだ写真を公開し、人々を驚かせた。それだけではない。世界的な小説家パウロ・コエーリョは、彼の誕生日にTwitterを通じてお祝いのメッセージを送った。さらにシウォンはワールドスタージャッキー・チェンとも親交が深い。シウォンが国際的な人脈を形成するのには、素晴らしい外国語の実力が一役買っている。流暢な中国語を話すことができ、英語はイ・ビョンホン、パク・チソン、キム・ヨナらにも負けないほどのレベルだという。外国語の実力にハンサムなルックス、人付き合いの良さとコミュニケーション能力を兼ね備えている彼が、世界的なスターたちの心をつかんだ秘訣も理解できる。彼のSNSに上がってくる次の世界的なスターは誰になるのか、関心が集まっている。

インサ力が最高のWanna One出身 ハ・ソンウン。どこに飛ぶか分からないラグビーボールのような性格で、ファンによると彼の“イプドク(オタク入門)ポイント”は、5兆5億個ほどあるという。魅力が溢れる上にコミュニケーション能力まで並外れているため、誰もが彼に惚れざるを得ない。実際にハ・ソンウンは、「Exciting DC」が実施した“核インサアイドル”の投票で49.4%という得票数で1位を獲得した。最強の“核インサ”アイドルらしく、彼はMnet「プロデュース101」シーズン2に出演した時も類まれなインサ力を見せていた。EXO カイと防弾少年団 ジミンの応援を受け、参加者の間でも絶大なコミュニケーション能力と周りを明るくする“ハッピーウイルス”をアピールし、国民プロデューサーたちに強烈な印象を残した。EXO カイ、SHINee テミン、VIXX ラビらとはプライベードなグループを結成した。その名前は“友情ペディンズ”で、ファンが付けた名前であるという。彼らが互いの活動を応援する心温まる友情はファンの間でも有名である。その他にも音楽界の先輩・後輩、俳優まで、幅広い人脈を誇るハ・ソンウン。ここまでになれば、他の人にはないハ・ソンウン流のインサになるための秘訣があることは間違いない。

人脈の女王f(x) エンバ。韓国語の発音がはっきりしていて、ルックスも韓国人のようであるため、韓国系の外国人と誤解する人も多いという。韓国で芸能界生活をしながら完璧に適応したことはもちろん、さばさばとした親しみやすい性格で、人脈が広い。KARA、Red Velvet、Girl's Dayなど多くのガールズグループのメンバーや、SUPER JUNIORやSHINeeらボーイズグループのメンバーとも親交が深い。アイドルの中でも顔が広いことで有名で、特に仲の良いヘンリーとはビデオ通話をして、お互いの家を行き来するほど親しい。過去にエンバはある番組で、付き合っているんじゃないかと疑われたこともあったと明かした。しかし、肝心の本人たちは特に気にせず、さまざまなバラエティ番組で異性として全く意識しないケミを見せてきたため、彼らの友情を応援する雰囲気だ。このようにエンバは、性別、年齢、国境を問わず広い人脈を持っていることで有名である。いつ、どこに行っても人見知りをしないエンバ。彼女がアイドル界の人脈女王と呼ばれる理由が分かる。

記者 : ファン・ヨンド