BTS(防弾少年団) ジョングク、梨泰院訪問を生放送で謝罪「申し訳なかった…心が重い」

Newsen |

防弾少年団のジョングクが、最近新型コロナウイルスの感染拡大により人々がソーシャルディスタンスを守る中、梨泰院(イテウォン)を訪問して物議を醸したことについて自ら謝罪した。

6月6日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」の防弾少年団のチャンネルで放送されたSUGAのオーディオ放送「DJ SUGAの蜜(クール) FM 06.13」に、ジョングクがゲストとして出演した。

「DJ SUGAの蜜FM 06.13」は、SUGAが毎週土曜にラジオをコンセプトにして、リスナーとリアルタイムでコミュニケーションする生放送だ。メンバーの中で最後のゲストとして出演したジョングクは、「久々に挨拶する。久しぶりのラジオでとても緊張している」と話を始めた。

ジョングクは「とても久しぶりにSUGA兄さんとラジオをしている。会いたかったARMY(ファンの愛称)のみなさんとコミュニケーションができて、とても幸せな時間だった。久々にARMYとコミュニケーションできる場だったので、スタート前からとても緊張した」と語った。

ジョングクはソーシャルディスタンスを守る期間だった4月25日にASTROのチャ・ウヌ、SEVENTEENのミンギュ、NCTのジェヒョンと梨泰院の飲食店を訪れた事実が5月中旬に知られて議論となった。

これについて防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントは5月18日に「訪問後、咳や発熱など、新型コロナウイルスの症状はなく、自主的に選別診療所で検査を受け、陰性と判定されました。現在、アーティスト本人もソーシャルディスタンスのための社会的努力に忠実に参加しなかったことを深く反省しています」とし「Big Hitエンターテインメントは生活の中で距離を置くことなど、新型コロナウイルスの指針、及び予防方法などを守るため最善を尽くしています。二度とこのような問題が発生しないよう、より徹底して遵守します。ファンの皆様をはじめ、多くの方々にご心配をおかけし、申し訳ございません」とコメントした。

同日の放送でジョングクは「最近、僕の行動で多くの方が不快感を感じ、傷付いたと思う。今の状況に苦しんでいる方々、あらゆるところで頑張っている方々、そしていつも僕の傍にいる兄さんたち(防弾少年団のメンバー)とても申し訳なかった。特に愛するARMYが僕のせいで辛い時間を過ごしたと思って、とても心が重かった」と謝罪した。

また「最近一人で深く考えた。兄さんともたくさん話し合い、僕について色々省み、感じるものが多かった。この件について、みなさんに生放送中にお伝えしたかった。今後はいつでもどこでも、すべての瞬間において深く考えて行動するジョングクになる」と付け加えた。

防弾少年団 ジョングク&ASTRO チャ・ウヌ&SEVENTEEN ミンギュ&NCT ジェヒョン、梨泰院訪問を謝罪…新型コロナの検査結果は全員陰性(総合)

防弾少年団 ジョングク、梨泰院の飲食店を訪問…Big Hitが報道認め謝罪(公式)

記者 : ファン・ヘジン