Monopoly出身チョン・ジェフンさん、33歳の若さで死去…3年間がんで闘病

Newsen |

写真=現代美術マネジメントアートコリアン
Monopoly出身の歌手チョン・ジェフンさんが、享年33歳で死去した。

本日(5日)、所属事務所現代美術マネジメントアートコリアンによると、チョン・ジェフンさんは3日に亡くなった。

バンドMonopolyのボーカルだったチョン・ジェフンさんは、2007年から2014年まで7年間バンド活動をしながら、代表曲「江陵(カンヌン)に行きたい」「マリア」「君の僕」で愛された。

彼は現代美術マネジメントアートコリアン所属のアーティストとして活動しながら、多くの美術分野のアーティストとコラボし、その価値を人々に知らせた。

生前にチョン・ジェフンさんは「僕の歌を聞いて、多くの人々が夢と希望を抱き、勇気を失わずに生きてくれれば嬉しい」と語っていた。

現代美術マネジメントアートコリアンのユ・ヒョンホ代表は「愛する弟であり、所属アーティストであったチョン・ジェフンさんが、3年間のがん闘病中も作曲に邁進するほど、音楽に愛着を示していた。彼が生前に制作していた作曲の音源とリメイクアルバムの発売を遺族と協議している」と伝えた。

記者 : イ・ミンジ