「あいつがそいつだ」ユン・ヒョンミン&ソ・ジフン、相反する魅力で対立?ファン・ジョンウムの心をつかむ人物とは

Newsen |

写真=iWILL media corporation
俳優ユン・ヒョンミンとソ・ジフンが、相反する魅力でお茶の間の女心をつかむ。

KBS 2TV新しい月火ドラマ「あいつがそいつだ」(演出:チェ・ユンソク、脚本:イ・ウンヨン)は、“どいつもこいつも同じだ”と思い、非婚主義者になった女性が、正反対な魅力の2人の男性からストレートにアタックされるストーリーを描くラブコメディドラマだ。

ユン・ヒョンミンとソ・ジフンは、それぞれソヌ製薬の代表取締役ファン・ジウと人気ウェプ漫画の作家パク・ドギョム役を務める。お互いに関連がなさそうな2人は、ソ・ヒョンジュ(ファン・ジョンウム)という共通項に会って、興味深いストーリーを繰り広げていく予定だ。

まず、ユン・ヒョンミンが演技するファン・ジウは、強いカリスマ性の裏に人知れぬ寂しさを持つ人物で、拒否することのできない圧倒的な魅力をアピールする。明晰な頭脳で若い年齢で代表取締役の座にまで上り詰めた彼だが、女性問題だけは無関心で一貫しており、さまざまな噂が絶えない状況。そんな中、ソ・ヒョンジュという女性とパク・ドギョム(ソ・ジフン)という男性両方に大きな関心を示すことになるということで、どんな事情があるのか好奇心がくすぐられる。

また、ソ・ジフンが演じるパク・ドギョムは、イケメンに並外れたコミュニケーション能力を持つ人物で、芸術家として自由な魂を持っているという。20代の初々しく爽やかな魅力はもちろん、ストレートな年下男として荒っぽい姿を見せるということで、関心が高まっている。

このように冷静なカリスマ性と暖かさが共存するユン・ヒョンミンと清涼感と愉快さを持つソ・ジフンは、全く異なる魅力で今年の夏、視聴者の心をつかむ予定だ。

KBS 2TV新しい月火ドラマ「あいつがそいつだ」は、韓国で7月6日に初放送される。

記者 : パク・アルム