「PRODUCE48」出身コ・ユジン、突然の引退発表“一般人として生きていく”

Newsen |

写真=コ・ユジン Instagram
「PRODUCE48」に出演した練習生出身コ・ユジンが「一般人として生きていく」と明かした。

コ・ユジンは3日、自身のInstagramに長文のコメントを掲載し、Mnet「PRODUCE 48」出演後の近況を伝えた(現在は削除済み)。

Block Berry Creativeから8D CREATIVEに移籍したコ・ユジンは「私は会社を辞めました。デビューしたかったのですが、思い通りに上手く行きませんでした。良くないことも多くありましたし、精神的にもとても大変で、やめることにしました。練習生生活も長かったし、一生懸命にしてきましたが、この生活が私を蝕むような気がしてからは、毎日がとても大変でした。なので、長年の夢を諦めることにしました。私はこれから一般人として生きていくつもりです」と綴った。

続けて「私はデビューをするかのように振舞って、ファンの皆様を騙そうとしたわけではありません。個人的な事情で、事務所やデビューについて全く言及できない状況でした」とし、「これからは一般人の私を愛してくださる方々とコミュニケーションをとり、今まで貰った愛に応えながら生きていくつもりです」と付け加えた。

コ・ユジンは2018年8月に韓国で放送が終了した「PRODUCE 48」に出演した。

「PRODUCE48」練習生58人の順位発表!宮脇咲良&矢吹奈子ら話題のメンバーは?(動画あり)

記者 : パク・スイン