BTS(防弾少年団) SUGA、ソロ音源への議論続く…Big Hitが再びコメント「特別な意図はなかった」

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメントが所属グループ防弾少年団 SUGAのミックステープに入ったボーカルサンプルについて、「解明した内容が偽りだった」という疑惑を否定した。プロデューサーが使ったサンプルが、米国のカルト教団の教祖ジム・ジョーンズの演説だった事実を事前に認知していなかったという。

3日、Big HitエンターテインメントはNewsenに「先日明らかにしたように、該当曲のトラックを手掛けたプロデューサーが特別な意図はなく、演説者を知らない状態で曲全体の雰囲気を考慮して選定した」と明らかにした。

これに先立ち、ネット上では22日に発売されたSUGAの2ndミックステープ「D-2」の収録曲「What do you think?」の導入部のボーカルサンプルをめぐり、議論が起きた。これは、米国のカルト教団の教祖ジム・ジョーンズの演説であることが分かった。

31日、これに関連し、Big Hitエンターテインメントは「導入部のスピーチのボーカルサンプルは、楽曲のトラックを制作したプロデューサーが、特別な意図なく演説者を知らずに楽曲全体の雰囲気を考慮し、選定した。その演説のボーカルサンプルを決定してから、弊社は内部プロセスに基づき内容の適正性を確認する手続きを進めたが、選定とチェックの過程で内容上不適切なサンプルであることに気づけず、楽曲に入れてしまうというミスが発生した」と正式コメントを出した。

続けて「これにより傷つけられたり、不愉快な思いをされた方々にお詫び申し上げる。Big Hitは、問題を確認した後、この部分を直ちに削除して再発売した。アーティスト本人も思いもよらない部分で問題が発生したことについて当惑しており、責任を感じている」と説明した。

公式コメント発表後、ネットユーザーは公式コメントの真偽をめぐり、様々な議論が起きた。一部からは「ミックステープの総責任者であるSUGAが、自身の新曲に使われたサンプルの出所や内容を知らないまま、歌詞の作業にだけ参加したことは甘かった」という声があがった。

先立って3日、Dispatchは「アメリカ最大のサンプルプラットフォーム『Splice』でこのサンプルを探すためには『Vocals: Twisted Religion』サンプルパックを探さなければならず、このサンプルパックの説明書には『歪曲された宗教は悪名高い似非教祖ジム・ジョーンズなどの様々な演説、説教、集会、公演などで構成されている』と明示されている」と報じた。

防弾少年団 SUGA、収録曲 「What do you think?」の一部が議論に…Big Hitがコメント“プロデューサーが選定…該当部分は削除した”

防弾少年団 SUGA、韓国ソロ歌手で最高記録!2ndミックステープ「D-2」が米ビルボード200で11位に

記者 : ファン・ヘジン