「一緒に夕飯食べませんか?」ソン・スンホン&ソ・ジヘ、元恋人の登場で4角関係の始まり

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=Victory Contents、MBC
「一緒に夕飯食べませんか?」でソン・スンホンとソ・ジヘが再び遭遇し、本格的な運命のページを開いた。

1日、韓国で放送されたMBC月火ドラマ「一緒に夕飯食べませんか?」第5&6話では、運命的に再会したソン・スンホン(キム・ヘギョン)とソ・ジヘ(ウ・ドヒ)の姿が描かれた。

テ・ジナの新曲がチャート1位になり、約束通り再会したキム・ヘギョンとウ・ドヒは、2回目の食事を一緒にすることになった。2人は“残酷童話”で終わった初恋の思い出を打ち明けて共感することになる、微妙な雰囲気を作った。

しかし、なごやかな雰囲気だった2回目の食事の後、ウ・ドヒはキム・ヘギョンに「もう会わないことにしましょう」と言って距離を置いた。キム・ヘギョンも、ウ・ドヒの後ろ姿を見ながらあきらめるような姿だった。楽しかった2人の食事を後にしたまま、最後の挨拶をする姿は、彼らが再会できるのか、これからの展開へ好奇心をくすぐる。

そんな中、キム・ヘギョンとウ・ドヒの前に深い失恋の傷を抱いた初恋の相手、チョン・ジェヒョク(イ・ジフン)とチン・ノウル(Apink ソン・ナウン)が登場して、4角関係がスタート。チョン・ジェヒョクは「本気で愛してる」と言いながら、復縁しようとウ・ドヒを説得した。チン・ノウルは「恋愛しましょう、キム・ヘギョン」と短い一言で、利己的な元恋人の姿を見せて視聴者を驚愕させた。

辛かった元恋人との出会いの後、エンディングでは2人が運命のように再会する場面が繰り広げられた。遅い時刻にウ・ドヒは、カン・ゴヌ(イ・ヒョンジン)からもらったステーキハウスのチケットを使うためにレストランへ向かった。そこで、他の約束で来ていたキム・ヘギョンと遭遇した。空席がなくて戻ろうとするウ・ドヒが気になったヘギョンは、ウ・ドヒに「一緒に夕飯食べませんか?」と提案し、2人の絆は続くことを予告した。

2人の再会と、元恋人チョン・ジェヒョクとチン・ノウルの存在感が大きなインパクトを残し、今後繰り広げられる4角関係のロマンスに注目が集まっている。

記者 : ヨン・フィソン