ソン・ジヒョ&ソン・ホジュン&元SISTAR ダソムら、新ドラマ「私たち、愛したでしょうか」台本読み合わせ現場を公開

MYDAILY |

写真=JTBC、キルピクチャーズ
JTBC新水木ドラマ「私たち、愛したでしょうか」の台本読み合わせ現場が公開された。4対1のロマンスが与えるときめき、愉快さ、共感の黄金比で、最高のロマンスの誕生を予感させる。

「私たち、愛したでしょうか」(脚本:イ・スンジン、演出:キム・ドヒョン)は、14年にわたり独り身のシングルマザーの前に、悪そうなのに魅力的な男性、可哀想なのにモテる男性、怖いのにセクシーな男性、若いけれどときめいてしまう男性が現れて繰り広げられるロマンスだ。

上岩洞(サンアムドン)にあるJTBC社屋で行われた台本読み合わせ現場には、キム・ドヒョン監督、イ・スンジン脚本家をはじめ、ソン・ジヒョ、ソン・ホジュン、ソン・ジョンホ、ク・ジャソン、キム・ミンジュン、元SISTAR ダソム、キム・ミギョン、オム・チェヨン、キム・ヨンア、ソ・ジョンヨン、イ・ファリョン、チン・ヒギョン、キム・ビョンチュン、ペク・スヒ、イ・ギョヨプ、オ・ヒジュン、ユン・ソンウ、キム・グァンギュなどの出演陣が参加した。台本読み合わせが終わった後「1人で練習した時も面白かったが、皆で一緒に読んだらさらに面白い。撮影を楽しみにしている」と、俳優たちが口を揃えた。

まず、14年間恋人がいないシングルマザーで、映画会社のプロデューサーでもあるノ・エジョン役を演じる女優ソン・ジヒョは、明るいエネルギーを放つ演技を披露した。セリフ1つ1つに泣きそうになったり、笑ったりしながら熱演した。劇中でなんと4人の男性と絡み合ったロマンスを繰り広げるソン・ジヒョは、相手俳優たちと4人4色の雰囲気を醸し出した。

俳優ソン・ホジュンはノ・エジョンの元恋人であり、ベストセラー作家のオ・デオ役を務め、悪い男の魅力をアピールした。しかし「憎たらしい行動をたくさんしても嫌いになれないキャラクター」というソン・ホジュンの説明のように、彼の演技からは悪そうだけど惹かれてしまうデオの人間的な魅力が感じられる。

すべてが完璧なトップスターのリュ・ジン役を演じる俳優ソン・ジョンホは、現場に入った瞬間からすでにトップスターのオーラを放った。安定した演技力で完璧なトップスターに隠された可哀想な魅力をそのまま表現して、以前とは異なる演技を披露した。

俳優ク・ジャソンは、かっこよくて若さ溢れるオ・ヨヌ役を演じ、年上女性たちの心を刺激する。爽やかな笑顔だけでも現場の雰囲気を明るくし、セリフ1つにも心臓がドキドキするような雰囲気を醸し出した。

ナインキャピタルの代表ク・パド役の俳優キム・ミンジュンは、息の音1つからもカリスマ性が感じられるが、その中でも隠すことができない男性的なセクシーさで現場の雰囲気を盛り上げた。

このように、それぞれ異なる魅力を持っている男性たちに、早くから期待が高まっている。

元SISTAR ダソムは、韓国のトップ女優チュ・アリン役を演じる。各作品を通じてより発展した演技を披露してきた彼女が「私たち、愛したでしょうか」で、どんな演技を披露するか注目だ。

「私たち、愛したでしょうか」は、変化に富んだ演技と、抜群の実力をアピールする俳優たちのラインナップで放送前から注目を集めている。

エジョンの母親チェ・ヒャンジャ役のキム・ミギョン、エジョンの娘ノ・ハ二役のオム・チェヨン、エジョンのアジトであるバーの社長カン・スクヒ役のキム・ヨンア、リュ・ジンの所属事務所の代表ジェニファー・ソン役のソ・ジョンヨン、リュ・ジンのマネージャーであるイ・クェナム役のイ・ファリョン、ヨヌの母親チュ・ボヘ役のチン・ヒギョン、そして入社1年目のプロデューサーであるチェ・ヘジン役のペク・スヒなど、信頼できる俳優たちが合流してドラマに豊かさを与える。またキム・グァンギュは編集長ホン・ピョン役として特別出演し、活躍する予定だ。

制作陣は「人生で一度は経験したはずの美しい人生ロマンスを再び経験できる作品で、素晴らしい俳優たちと作業することができて感謝する。皆さんの心に残る美しい作品になってほしい。初放送まで多くの関心と愛情をお願いしたい」とコメントした。

「私たち、愛したでしょうか」は7月8日午後9時30分に韓国で初放送される。

記者 : チョン・ジヒョン